読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる脱力系男子 山田の生き方ヒントブログ

日々のなかに遊び心を。生き方・働き方/仙台/歴史・地形について書いてます。

「聞き手である私」が見えるのっておもしろい。その原点は編集している人間がもろに出ちゃってる雑誌『Re:S(りす)』との出会いがあったから。

生き方・働き方 山田的おすすめ! デザイン

https://www.instagram.com/p/BAcoFIHF1ED/

 以前『soar(ソアー)』という、社会的マイノリティをテーマにした
webメディアについての記事を書きました。

kunipi.hatenablog.jp
この記事を読んだときに
「聞き手である私」が見えることがおもしろいなあって感じていて。

思い出してみたら、過去にそういう体験をしていたなと。
その最初の体験が雑誌『Re:S(りす)』との出会いです。

当時、本屋さんに寄った際に、ふと表紙がいいなあと思って、
手にとったのが『Re:S(りす)』で。

読んでみると、、、およよ、およよ、あれ?
この雑誌、編集してる人たちが紙面に出てる!!!!

そうなんです。編集長、ライター、カメラマンが
雑誌のなかにもろに出ちゃってたんです。
これにはとっても衝撃を受けました。

雑誌『Re:S(りす)』は、他の雑誌と違って伝える側の人たちがもろに出ちゃっていた!!

https://www.instagram.com/p/BAcn1_2F1Df/

https://www.instagram.com/p/BAcn7y5l1Dt/
取材をしている対象が紙面に出ることはあっても
伝える側が紙面に出ることはまずなかったと思います。
それが基本、常識、マナーだったんじゃないかな?

それを『Re:S(りす)』は見事に振り切ってたんですね。
いや~たまげました。

最新号を即、購入して、
読みこんで惚れ惚れしてしまったボクは
バックナンバーも次々に揃えて、
その後の新刊も心待ちにしていた記憶があります。

今回、しまっておいた『Re:S(りす)』を
引っぱり出して見返してみたら、
一番初めに買った号にはミシマ社、ナガオカケンメイさんが登場していて。

この雑誌を通して知ったんだ!!と
自分でも忘れていてビックリしてしまうという。
意外な驚きを味わいました。

 

『Re:S(りす)』の編集長だったのが藤本智士さん。現在は秋田のフリーマガジン『のんびり』を企画。

そして、この雑誌の編集長だったのが
現在、秋田のフリーマガジン『のんびり』を企画している藤本智士さん。

この『のんびり』も「聞き手である私」がガンガン紙面に出てきてて、
身体張って作られてますねえ。
これで無料っていつ見てもすごいなあ!

 

「聞き手である私」が見えるのっておもしろい。その原点。

「聞き手である私」が見えることが
いいな、おもしろいなと感じられたのは
この『Re:S(りす)』という雑誌に出会っていたことが
とっても大きかったなって。

「聞き手である私」を出すのっておもしろい!を
ボクはこの雑誌で初体験をしていたのでした。

その影響を受けて今こうしてブログを書いて
自分が気になったことを自分の言葉で伝える
真似事をしているんだなって、飽きもせずに(笑)

Re:S vol.9 一緒にやる

Re:S vol.9 一緒にやる

 

 

 

私が見える・私を出すのっておもしろい!山田おすすめ記事〜

kunipi.hatenablog.jp

kunipi.hatenablog.jp

kunipi.hatenablog.jp

ーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を気に入ってくださった方は、ブックマーク、ツイートなどしていただければうれしいです。ブログを更新する励みになります★

読者登録も大募集中です!よければ、下のボタンをポチッとしてくださいね〜。


ツイッターやってますよ(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://twitter.com/megane0018

フェイスブックもやってますよ(お友達申請、フォローは歓迎でございます)
https://www.facebook.com/kunihiro.yamada.142

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村