ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

なんのために勉強するの?←バカな大人にだまされないためだよ。

前にミシマ社という出版社から発行された

「ちゃぶ台」という雑誌について書いたことが。

kunipi.hatenablog.jp

 

この雑誌を改めて読み返してみたら

「今までにない就活をする」と題して、

武術家の甲野善紀さんのインタビュー記事が掲載されていて。

甲野善紀さんって誰?というあなたはこちら

まずは自分なりの価値観を持たないで、にわかに就活をやって迷うなんてそもそも間違いですよ。自分はこの先「どうしたい」のか、少なくとも「どうはしたくない」のか「どういうことは嫌」なのかを、よく考えておくことです。

『ちゃぶ台』今までにない就活をする p161

少なくとも「どうはしたくない」のか「どういうことは嫌」なのか。

そういう自分なりの価値観を持つこと。

 

それなしで生きてたら迷うのも当然というわけですね。

自分なりの価値観。

 

 

 

さらに、強烈な一文がこのあとに。

以前、朝日新聞社から派遣される出前授業「オーサー・ビジット」で私が九州の中学校に行って話をしたとき、「君たちは何のために勉強するのかわかるかい?いい会社や、いい学校に行くためじゃないんだよ。今、勉強する一番の理由は馬鹿な大人と戦うためなんだよ」と。まずはその志を持って勉強するべきだと、そう言ったことがありました。

『ちゃぶ台』今までにない就活をする p163

馬鹿な大人と戦うため。

 

○○するのが常識!

社会人として○○当然!

 

そういうさも真実であるかのように見せかけたウソを

刷り込みたがる大人たちにダマされないように。

 

それが「戦う」ってことなんだろうな。

あくまで、ぼくのなかの解釈だけれど。

 

いや~もっと勉強しときゃよかったww

 

 

 

まだ遅くねえ!今から戦ってやる!!

 

フンガーと鼻息を荒くしていた山田ですが

プロブロガーのタクスズキさんの

記事を見つけて読んだらこれもよかった。

medium.com

それは、ある就活コンサルと面談したときのこと。

「どんな仕事をしたいか」と質問され、私は「好きなことを仕事にしたい」と回答しました。

しかし、コンサルタントは「そんなの無理です。仕事は辛いものです。もっと違う軸を持った方がいいですよ。」と答えたのです。

そのとき、日本に「仕事はツラいもの論」が蔓延していることに気づきました。

最初の就職選択時に「好きなことは仕事にできない」と刷り込まれるわけですから、好きでもない仕事を選ぶのは当然です。

 

っていうか、クソつまらねえ刷り込みをしたがるヤツ多過ぎじゃね?

Why?ジャパニーズピーポー!!

 

これについては明日書こう~♪

 

 

今までにない職業をつくる

今までにない職業をつくる

 

 

こんな記事も書いてます。合わせてどうぞ~★

kunipi.hatenablog.jp

kunipi.hatenablog.jp

kunipi.hatenablog.jp

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

仙台でイラストも描けるデザイナーとして活動しています。

ホームページはこちらから

http://kunihiro520megane.wix.com/yamada-magazine-web

 

ツイッターやってますよ(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)

https://twitter.com/megane0018

 

フェイスブックもやってますよ(フォロー歓迎でございます)

https://www.facebook.com/kunihiro.yamada.142

 

この記事を気に入ってくださった方は、ブックマーク、ツイートなどしていただければうれしいです。ブログを更新する励みになります★

読者登録も大募集中です!よければ、下のボタンをポチッとしてくださいね〜。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村