ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

キミはジェダイになれないのに、ジェダイになろうとしてない?人には人のフォースの使い道があると思うよ。『スターウォーズ/フォースの覚醒』の感想。

https://www.instagram.com/p/__b7E9l1OK/

 

お正月に映画館で観た
『スターウォーズ/フォースの覚醒』。

めちゃめちゃおもしろかったんですが
なにが自分のなかで心を打たれたのかなって。

時間が経ってもまだ覚えていて
心に残っていることこそ
自分のなかでスパークしたものだ!
という仮説のもと書き出していこうと思います。
(以下、ネタバレあります。)

『スターウォーズ/フォースの覚醒』のココがいい!

ふたつありました。

親と子が向き合い、
過去ではなく未来に向かっていこうとするところ。

才能って誰にでもあって
それを開花させるには素直に従うってこと。

わだかまりのあった親子が向き合う。

今回からの新3部作のテーマが
「家族の愛と喪失の物語」なだけに
家族、親と子の関係性は
ひしひしと画面から伝わってきました。

突然ですが親子関係って、、、みなさん良好ですか?
はい、ボクんところは悪からず、かといって良くもなく。

なんというか、面と向かって話すのとか照れくさくて。。。
あれなんなんでしょうね。。。

映画のなかで、わだかまりのあった親子が
いざ向き合うシーンが訪れるんですが
その結果はどうあれ胸が熱くなってしまいました。

過去の執着から未来へと飛び立っていく。

それと、主人公なんですが、ある人の帰りを待っているんですね。
だから、物語が展開し始めても、しきりに帰りたがる。
けれど、帰って来ないことは分かっている。
そして、その人は自分の親だということが
後半になってくると明らかになってきて。

主人公は帰ってこない親を待とうとするんです。
それはつまり、過去にとどまり続けるということで。

けれど、たくさんの人との出会いによって
それをやめて、親のもとへ自分から会いに行くんです。
過去の執着から未来へと飛び立っていく。
そこが泣けちゃいます。ううう。。。

自分にとっての「フォースの覚醒」とは。

誰かと比べない。別ななにかになろうとしない。
自分が自分に生まれたというだけで才能なんじゃないかなって。

その自分そのものを最大限に楽しむことが
才能を開花させるってことなのかな。

つまり、「フォースの覚醒」ってそういうことなのでは?

フォースって誰にでもなんにでもあるって
バーのおばちゃんマスターが語るんですよ。

なぬ?そうだったの?
ジェダイ=選ばれた者だけが使えるものなのかと勘違いしていたようでした。

もちろんジェダイはフォースに敏感で
しかもそれを制御し自在に扱えることに長けた人なんでしょう。
でも、フォースの使い道ってジェダイが使う以外にも
もっといっぱいあるんだろうなって。

スターウォーズにはジェダイ以外にも
たくさんユニークなキャラクター登場してきますよね?
彼らもそれぞれにフォースを活かしてるんじゃないかなって。

自分と他の人はフォースの使い道が違う。

ボクなんて才能がある人を見ると妬んでばかりいたんですが
その人はきっと自分そのものに素直になることで
才能を開花させていたんでしょうね。

その姿を見ると、素直にできない自分を見せつけられてしまうようで、
それで妬み、ひがみ、そねみ、、、う〜ん、自分の被害妄想ですね。。。

だからやっぱり、誰かと比べない。別ななにかになろうとしない。
自分と他の人はフォースの使い道が違う。
自分には自分のフォースの覚醒があるんじゃないかな?

そんなことを思いました。

 

 

「誰かと比べない。別ななにかになろうとしない。」山田おすすめ関連記事〜

kunipi.hatenablog.jp

kunipi.hatenablog.jp

kunipi.hatenablog.jp

ーーーーーーーーーーーーーーー
 

この記事を気に入ってくださった方は、ブックマーク、ツイートなどしていただければうれしいです。ブログを更新する励みになります★

読者登録も大募集中です!よければ、下のボタンをポチッとしてくださいね〜。

 
ツイッターやってますよ(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://twitter.com/megane0018

フェイスブックもやってますよ(お友達申請、フォローは歓迎でございます)
https://www.facebook.com/kunihiro.yamada.142

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村