ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

「本人がやろう!と決めたそのときが、その人にとってのベストタイミングなんじゃないかな。」

もういい歳だから。
もう手遅れだから。
今から始めても仕方がないから。

誰かと、なにかと、比べてしまって
「遅過ぎた」「手遅れ」と判断してしまう。

そう思いたくなる気持ちボクにもあって。
今だってそうで。

でも、ある人からこう言われたことがありました。

「本人がやろう!と決めたそのときが、
その人にとってのベストタイミングなんじゃないかな。」



やろう!→でも、無理…→やらない→自分を責める→やろう!→でも、無理…の無限ループ。



誰かと比べてしまうと
自分がものすごく非力・無価値に思えて
やってみる前から
無理、失敗をありありと想像してしまう。

それはもう本当にありありと、リアルに。
幸せを想像するよりも
不幸になることをこんなにも想像できる自分に
おそれおののくわ~と
ひとりツッコミを入れたくなるそんなレベル。

そうして、やらないまま。
で、やらない自分をまた責めるという。

やろう!→でも、無理…→やらない→自分を責める→やろう!→でも、無理…
エンドレス!!!!
無限ループ!!!!

そこからなんとか抜け出したいなあ
ボクもそう思ってました。

そこから抜け出すには、もうやってみている人のそばに行ってみること。


やる前から悪い未来を
ありありと想像してしまってできない。
足が立ちすくんでしまうんですよね。

なら、その想像をよい未来に
書き換えてしまえばいいんじゃないかなって。

そうするには、ひとつの方法としては
もうやってみている人のそばに行ってみること。
試してる人のなかにまじってみること。

ボクの場合はたびたびブログに書いている
西村佳哲さんのワークショップや
かさこさん関連や
マインドマップ講座なんかがそうで。

そうそうブログもですね!
ボクなんかが文章書いたところで
誰も読んでくれないでしょ?
最初はめちゃめちゃそう思っていたし、
今でもちょっとあるけれど。

でも、コメントや、ブックマークで
メッセージを交わすことで
がんばるぞ~と励みになって、
今でもこうして続けられているんですもの。

「本人がやろう!と決めたそのときが、その人にとってのベストタイミングなんじゃないかな。」


ただ、そうしてみてる間にも
まわりの人たちと自分を比べてしまって、
自分なんかとか、遅すぎるとか思うこともあるんです。

書き換えることはカンタンじゃないですね。
悪い想像力はなかなかしぶといっすね。

そんなときは自分にかけてもらった言葉を思い出すこと。
そう冒頭の言葉です。

「本人がやろう!と決めたそのときが、
その人にとってのベストタイミングなんじゃないかな。」

練習できる場で場数を踏むといいのかな。


やってみないよりやってみるほうが
おもしろいってことが少しずつ分かってきて。

見てる側よりも自分が試してみるほうが
ワクワクするって体感できるようになってきてて。

最初から全て理想どおりにはできないけれど、
ちょっとずつ練習できる場はいっぱいあると思う。

そういう場で練習して、
場数を踏んでみることなのかなあと
最近は思います。


ーーーーーーーーーーーーーーー
★いまの目標★
ブログを毎日書いて発信する・アウトプットを意識してみる・自分の仕事をつくる
 
◆いま興味があること◆
きくこと・かなしみ・アウトプット・歴史・地形・生き方・働き方・ひきこもり・行動心理・イラスト・デザイン・マインドマップ・かさこ塾・エクスペリエンスマーケティング
 
ツイッターやってますよ(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://twitter.com/megane0018

フェイスブックもやってますよ(お友達申請、フォローは歓迎でございます)
https://www.facebook.com/kunihiro.yamada.142

ボクのこれからの活動をまとめたセルフマガジンを作りました。
興味ある方にはぜひ読んでほしいので無料でお送りします!
こちらから紙面の内容が見れますよ~
http://kunihiro520megane.wix.com/yamada-magazine-web#!blank/cghg

 

広告を非表示にする
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村