ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

「シズル感」ってなあに?

かんたんに言ってしまえば「らしさ・臨場感」のこと。

 

主に食べ物について使われることが多いのですが。

たとえば、夏の時期に冷たいビールの広告を打ちたい!

となったとしましょう。

 

その際にこの写真だったらどうでしょう?

f:id:kunipi:20160420010357j:plain

、、、う、う〜ん、悪くはないけれど、

なんかちょっと物足りないですよね。

 

じゃあ、これならどうでしょう?

f:id:kunipi:20160420010408j:plain

夏の太陽と青空、注がれたばかりの立った泡、グラスの表面には水滴がー

夏に飲みたいビールっていう「らしさ」が出てますよね。

これがつまり「シズル感」っていうやつです。

 

シズル感があるね。シズル感が出てるね。

なんて言ったりします。

 

いろんな「シズル感」あります。

この「シズル感」はどう見せたいかでも変わってきます。

 

たとえば、居酒屋で飲みたくなるビールとしたいならこんな感じ。

f:id:kunipi:20160420010322j:plain

ビールのそばに料理が並んでお店感が演出されていますよね。

 

清涼感を出したいならこんな見せ方も。

f:id:kunipi:20160420013601j:plain

お美しい女性を起用することで

ビールの清涼感、清々しさを表現しているのですね。

 

こういうのはタレントさんを起用している

テレビCMでよく見られますよね。

 

より相手に伝えるための「シズル感」。

ちなみにぼくが好きなのはヱビスビール。

特別な日、ハレの日に飲むビール。

ちょっと高級、だけどその分旨い!っていう位置づけ。

 

その「らしさ」を表現するには、、、

ということでwebサイトを見るとイノッチと滝川クリステルさん。

f:id:kunipi:20160420010522p:plain

(出典:ヱビスビール公式サイトより)

スーツとドレス姿でばっちりきめて、

写真全体に高揚感、特別な感じが出てますよね。

 

これも「シズル感」が出てる一例だなあと思います。

 

 

打ち出したい商品、サービスのよさってなんだろう?

どんなところを打ち出したいのか?

 

それをより表現して相手に伝えるための「シズル感」なのでした。

 

 

こんな記事も書いてます。合わせてどうぞ~★

kunipi.hatenablog.jp

kunipi.hatenablog.jp

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

仙台でイラストも描けるデザイナーとして活動しています。

ホームページはこちらから

http://kunihiro520megane.wix.com/yamada-magazine-web

 

ツイッターやってますよ(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)

https://twitter.com/megane0018

 

フェイスブックもやってますよ(フォロー歓迎でございます)

https://www.facebook.com/kunihiro.yamada.142

 

ぼくも参加した、好きを仕事に「かさこ塾」。誰でも来れるのおまつりありますよ〜

http://festa.kasako.jp/2016/

f:id:kunipi:20160324024223j:plain

 

この記事を気に入ってくださった方は、ブックマーク、ツイートなどしていただければうれしいです。ブログを更新する励みになります★

読者登録も大募集中です!よければ、下のボタンをポチッとしてくださいね〜。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村