読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

赤が一番目立つ色なのか問題。

どんな状況においても

それが絶対とか100%当たりなんてないと思う。

 

セオリーや定石を用いれば

確かに外れにくくなったり、間違いにくくはなる。

 

けれど、全ての状況に当てはまる

万能なものってまずないと考えていいのでは?

 

赤が目立つ色なのはなぜか?

仕事するなかで目立つ色、映える色、目を引く色を

リクエストされることが多々あります。

 

たくさんの色があるなかで一番目立つのは「赤」だとぼくは思う。

 

こんなふうにしてみるとそれがよく分かるのでは。

真っ赤もしくはピンクがより目に飛び込んでくるんじゃないかな?

f:id:kunipi:20160414225455p:plain

なんでそう認識してしまうのか、

なんでそう見えてしまうのか。

それはどうしてなんだろう?

 

ある本によれば、

赤という色が人間の血液や燃え盛る炎といった

「危険」を喚起させるからだという。

 

なるほど、なるほど。

それは確かにそうなんだろう。

 

じゃあ、どんな場合でも赤でいいの?

ただ、だからといって、

なにがなんでも赤が目立つのかといったら

そうでもないのがおもしろいところ。

 

たとえば、まわりが似たような赤系の色ばかりの場合、

そこで赤を選んでもまわりと同化してしまって目立たない。

f:id:kunipi:20160414225446p:plain

あるいは地の色が赤なのに、それでも赤に固執してしまったら?

、、、どひゃ、見えないよ!(てか、目が痛いww)

f:id:kunipi:20160414225439p:plain

こういう場合だったら、

レモンイエローや白のほうがくっきり見える。

f:id:kunipi:20160414230835p:plain

必ずしも赤が目立つってわけじゃないんだよね。

 

固執せずに、ケースバイケースで。

赤は危険を喚起させる色。

だから一番目立つというのはあくまで相対的なもので

絶対ではないということ。

 

固執しちゃうとあれれ?なことになっちゃう。

ケースバイケースでいきましょう~。

 

 

こんな記事も書いてます。合わせてどうぞ~★

kunipi.hatenablog.jp

kunipi.hatenablog.jp

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

仙台でイラストも描けるデザイナーとして活動しています。

ホームページはこちらから

http://kunihiro520megane.wix.com/yamada-magazine-web

 

ツイッターやってますよ(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)

https://twitter.com/megane0018

 

フェイスブックもやってますよ(フォロー歓迎でございます)

https://www.facebook.com/kunihiro.yamada.142

 

この記事を気に入ってくださった方は、ブックマーク、ツイートなどしていただければうれしいです。ブログを更新する励みになります★

読者登録も大募集中です!よければ、下のボタンをポチッとしてくださいね〜。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村