読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる脱力系男子 山田の生き方ヒントブログ

日々のなかに遊び心を。生き方・働き方/仙台/歴史・地形について書いてます。

地形好きにはたまらん!仙台市博物館 企画展「戦国の伊達・政宗の城・仙台の町」

行ってきました仙台市博物館。

お目当はここで行われている企画展「戦国の伊達・政宗の城・仙台の町」。

 

斎藤報恩会という財団法人から寄贈された貴重な歴史資料が展示されているとの情報をキャッチ。

そのなかには、現存するうち最も古いとされる仙台城図や幕末期の仙台城下図などなど、地形・地図好きにはもうたまらん!ラインナップなのでございます。

f:id:kunipi:20161223210323j:plain

f:id:kunipi:20161223210335j:plain

f:id:kunipi:20161224001525j:plain

実物を見ると畳数枚分もある大きさで、しかも、かなり正確かつ緻密に描写されていた。これは作成するのに相当な労力だったんだろうなあと。

解説を読んでみると、こうした精密な地図や絵図が残っているのは時の江戸幕府から地図提出の命を受けて作られていたそうな。

正保元年(1644)、江戸幕府は全国の主要な大名に国ごとの地図である国絵図と土地台帳である郷帳、道の情報を記した道帳、城絵図の提出を命じた。

 

江戸幕府は元禄10年、全国の諸大名に一国ごとに国絵図・郷帳の提出を命じた。

仙台市博物館収蔵資料図録 斎藤報恩会寄贈資料より

自分とこの領土をこと細かにお上に報告しなきゃいけなかったってことなのでしょうね。

想像するに、支配体制の強化や幕府の目の届かないところで悪いことしないようにとかそういう目的があったりするんでしょうかね。

 

んで、この仙台市博物館はかつての仙台城の三の丸跡にありまして。

なので、博物館の周辺には歴史好きにとっては見所がまんさい。

f:id:kunipi:20161223210931j:plain

 

せっかく来たから、本丸跡まで行ってみたら、伊達武将隊がいたよ★

やっぱ武将ってカッコイイよね〜

ひとりだけ武将じゃない松尾芭蕉もいるけど。

f:id:kunipi:20161223210449j:plain

ちなみに、この企画展は来週の12/27(火)までですよ〜 

 

〜END〜

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村