ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

矛盾しているのは全て良くないこと?

昨年末のこと。
仕事納めを終えて、 職場から自宅に帰る途中。
ひとつだけ今年中にやっておきたいことがあるなとふと思った。
それは職場のあるひとりの同僚ともう一度関わりたいということ。
 
その人のことをやんわりと避け続けていた。
避けていたのは、自分が直接的に嫌なことをされたわけではなく。
けれど、その人の仕事中の姿勢・言動が自分の中の「ありえねえコイツ」の閾値を越えることが何度かあって、その度にぼくは心のシャッターを閉じてしまっていた。
 
こういう状態になることは以前にも何度もあって、だから、しょうがないかと諦めていたところもあって。
けれど、あと少しで今年も終わると思い、やり残したことはと考えてみたらその同僚のことが頭をよぎったんすよね。
その人のことを思い出すとなんかムカムカしてしまう。
と同時に、なんでこんなにムカムカしてしまうんだろうとも思う自分もいる。
 
結局のところ、ぼくはその同僚に連絡をとって、食事をし、たわいもない話を少しして2016年を終えた。
 
 
 
ぼくは心のシャッターを開けたんだ!、、、と、感動エピソードにするつもりもなく、なりそうな特別な内容もなく、大きな変化があったわけでもなく。
ただ、素直にその人とは関係を凍結させたままではいたくないなーと思った。
んで、一方では、単なる気まぐれでまたすぐ嫌悪しちゃうんじゃねーかな、どうせ長続きしないんでしょ?とささやく自分もいるんだよな。
 
関わりたいのか、関わりたくないのか。
どっちなの?って自分でも思う。
 
思うのだけれど、まあ、どっちも自分の素直な気持ちなんだろうなって。
矛盾してても、正反対でも、真逆でも、普通に考えたらそんなのおかしいだろうけど(自分でも思うww)まあ仕方ないなあと。
論理的に理性的にはおかしいとは思えど、でも、どっちも思ってしまうのだから、どっちもあるままに抱えて生きていくしかないなあと。
 
てか、そのうちにその矛盾が解きほぐれてくるかもしれんし。ま、ならんかもしれないけど。
つまるところは「今ここにある」ことをいくら否定しても苦しくなるばかりで。
矛盾してるのはおかしいことなのかもしれないけれど、今ここに矛盾した気持ちがあることに変わりはないんだよなあ。
 
なら、そういう状態にあるのだなあと自覚しておくくらいができることなんじゃないかな。
 
〜END〜
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村