ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

「好き」なのに男女のすれ違いが起きるのはどうしてだろう?それは愛情を感じるポイントが人によって違うからだったんだ。

愛してるけど伝わらない。愛されてるのに気付かない。
そういうすれ違い、行き違いから
ふたりの関係にヒビが
入ったりなんてことが自分の体験としてもあって。

なんでそういうことが
起きてしまうのかなと思っていたら、
人が愛情を感じるポイントは
それぞれで違うと知って、
これは目からウロコものでした。

愛情を感じるポイントは人によって違う。


ヒビノケイコさんの記事を読んで、
男性と女性がお付き合いしていくうえでの
大切なことを教わりました。

hibinokeiko.blog.jp
何をされたときに
一番愛情を感じるかは
人によって違うんだそうで。
5つのタイプがあるみたいです。

 

1、コトバで感じる人(愛してる、きれいだねなどのほめ言葉)
 
2、手助けしてくれる行動で感じる人(仕事や家事を助けてくれるなど)
 
3、贈り物で感じる人
 
4、二人だけの質の高い時間を過ごすことで感じる人
 
5、スキンシップで感じる人(セックスだけでなく、そばにいたり触れたりもふくむ)

 

二人のタイプがある程度共通していないと、
愛情を感じ方が違うために
すれ違いが起きてしまいがち。

ただ、ヒビノさんも言ってますが、
タイプが違うから
そのふたりの関係は即ダメなわけじゃなく、
お互いのタイプを知っていれば
よりよいコミュニケーションが
とれるのではないかと。

 

愛情を感じるポイントをお互い表明して、そのツボに入るやり方ができたら、もうちょっと二人の生活が楽しくなるのかもしれない。別れたくない相手なら、相手の求める方法をバカバカしいと思わないで「喜んでくれるならやってみよう」とするのも大事。
 
 
いい意味で相手に求めず、自分で自分を満たせる自立心を持てるようになるのは、なにより大人でかっこいい。でも、諦めすぎて会話すらしなくなるようになれば、ちょっとやばい。


二人がもう少し愛情面で歩み寄れるなら、それはそれで彩りがあって、素敵なことじゃないかな? 頑張っても無理でお互い苦痛なら、別れてもっと合う相手を探すのも一つだし。

 

もし「好き」なのにすれ違っていたら、お互いの愛情を感じるポイントを知ってみることから。

 

「好き」であれば、
男女の関係は円満なのかといえば
必ずしもそうではないなと思っていて。
ふたりの間が良好になる
努力や工夫が必要なんじゃないかなと。

ボクとしてはお互いのクセや価値観を
オープンにしていくことなのかなあ
くらいには考えていたものの。
今回のヒビノさんの記事は
まさにそれを具体化して
教えてくれました。

愛してるけど伝わらない。愛されてるのに気付かない。
そういうすれ違い、行き違いから
ふたりの関係にヒビが
入ったりなんてことが自分の体験としてもあって。

なので、
人が愛情を感じるポイントは違うんだなと
お互いが知っておくことは
関係を築いていくうえで
とても大切なことだと思いました。


ーーーーーーーーーーーーーーー
生きることにつまづいた人が
もう一度、自分を生き直すのに役立つような話題を
ブログに書いています。

★いまの目標★
ブログを毎日書いて発信する
働きやすくなる仕事環境を整える
職場の同僚のおもしろさを発信する
自分の仕事をつくる
 
◆いま興味があること◆
話を聴くこと・人の気持ち・かなしみ・
働き方・生き方・発達障害・ひきこもり・行動心理・
イラスト・DTPデザイン・デザイン思考・
かさこ塾・エクスペリエンスマーケティング
 
ツイッターもやってますよ(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://twitter.com/megane0018

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村