ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

【どうしてブログを書き続けるのか】どうにかこうにか文字に起こしてみることで自分がどう感じているのか、どう思っているのか、自分で自分自身を知る訓練みたいなものなんだと思う。

f:id:kunipi:20150718022011j:plain

ブログを毎日書いてるんだって言ったら、、、

親しい間柄の人に

「最近、ブログを始めて、ほぼ毎日更新してるんだ」って話したら、

「ええっ!?なにをそんなに書くことがあるの???」と

奇異な目で見られてしまった。

加えて「そんな毎日書くことなんてないでしょ〜」とも。

 

その瞬間、腹が立った。

相手にじゃない。

腹が立ったのは、相手から言われて、

その答えが用意できていない自分に気づいたから。

 

いい機会だから考えてみる。

なんで自分はブログを毎日書き始めたのかなあと。

 

書くことがないからこそ、書き続けてみようということ。

しばらくして思ったのは、

書くことがないからこそ、書き続けてみようということ。

 

好きなこと、得意なこと、気になること、心が動いたこと、、、

そういうことをブログで記事にしてるのだけれど、

やっぱり「なにを書いたらいいんだろう?」って

思い浮かばないときがある。

ていうか、よくある。。。

 

でも、そこでやめないこと。

そこをちょっと粘ってみる。

もうちょい考え続けてみる。

 

文字に起こしてみることで自分自身を知ることができる。

そうこうしているうちに、

自分はなにが好きか、得意か、気になるか、心が動いたか、、、

が、うっすらぼんやりと見えてきて、

その「うっすらぼんやり」を1行だけ文字に起こしてみる。

1行が2行、2行が3行、、、と

気づくと文字のかたまりになっていたりする。

 

それはもうひどく汚くて不細工で

「文章」と呼べるものでもないかもしれないけれど、

でも、それでもどうにかこうにか

読める、読んでくれそうなものに仕上げていく。

 

そういう訓練をしてるんだと思ってる。

別に小説家になりたいわけじゃない、

エッセイストになりたいわけじゃない、

プロブロガーになりたいわけじゃない。

 

でも、自分はなにが好きか、得意か、気になるか、心が動いたか、、、

をどうにかこうにか文字に起こしてみることで

自分がどう感じているのか、どう思っているのか、

自分自身を知りたいんだと思う。

自分で自分自身を知る訓練みたいなものなんだと思う。

 

そういうブログがあったらボクは読みたい。

だから、書いてる。

探してみるとそういう気配のブログがある。

だから、読んでみる、読者になる。

 

「分からない」んだから、なにもしないでいい。いい加減そこから出たいなあと思った。

ボクはけっこうしばらくの間、

自分はなにが好きなんだろう?

自分はなにを目標にしたらいいんだろう?と考えて考えて、

でも、分からないから答えが出ないから、

なにもしないでいるという結果を堂々巡りしていて。

考えても「分からない」んだから、

なにもしない自分でもいいんだ!!って、

正当化するようになってた。

 

でも、もういい加減そこから出たいなあと思った。

正当化に必死になってる自分ってつらいなあと思った。

「分からない」のその先をもうちょっとのぞいてみようと思った。

だから、ボクはブログを毎日書き続けてみようと思った。

 

ボクの場合はそうであって、

人それぞれブログを書く理由はいろいろでいいと思います。

自分のブログを書くのも、

みんなのブログを読むのもどっちもボクは好きだなあ。

 

広告を非表示にする
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村