読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

『ドラえもん のび太の日本誕生』が好きすぎたので見どころを分析してみた。

https://www.instagram.com/p/BC2BfUJF1Dh/

 

弘前の進撃の巨人こと、トンデモふんどしおかあさんこと、

小野さんのブログを読んで観たくなっちゃった。

映画『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』。

ameblo.jp

旧作『ドラえもん のび太の日本誕生』が公開されたのは1989年。

当時、タイムリーに映画館で観た記憶があって、

だからかドラえもん映画のなかでは一番思い入れのある作品。

 

それだけに新作はどうなってるのか?

気になって気になってもうたまらん!

ということで映画館へ。

 

結果、いや~とっても楽しめました!!

スクリーンを見ながら当時のことを思い出しつつ

感動感動、涙なしには見れない物語でございました。

藤子・F・不二雄先生サイコ~!!

 

物語は大まかに分けて3つで構成されていると山田は分析するのであります。

①のび太たちの史上最大の家出、7万年前の日本で天地創造編

②原始人ククルとの出会い、ヒカリ族救出編

③クラヤミ族の親玉ギガゾンビの逆襲、常闇の宮での最後の戦い編

 

そんな『日本誕生』大好きすぎるやろ~な山田が

この作品の魅力をお伝えいたしましょう。

※以下、激しくネタバレしてるよ。

 

史上最大の家出、7万年前の日本で天地創造 

まずは【①のび太たちの史上最大の家出、7万年前の日本で天地創造編】の見どころから。

 

のび太たちが日本に人が住む以前の昔にタイムスリップ。

なにもないところから自分たちのパラダイスをゼロから作り上げる。

 

もちろんドラえもんの秘密道具の数々が惜しみなく投入されるけれどwww

それでも、のび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫の個性が

それぞれに発揮されて、自分たちが住みやすい楽園がつくられていく様子は

見ているこちらも一緒に楽しくなっちゃう。

 

特に2つのエピソードが個人的にはたまらん!ポイントでした。

 

ペット大臣に任命されたのび太の天才性。

これね!

 

ペットでもいないとさみしいよねってことで

のび太がペット大臣になるんだけど、単に猫や犬ではつまらない。

と考えたのび太くん。

 

馬と白鳥をかけあわせてペガサスを

鷲とライオンをかけあわせてグリフィンを

ワニと鹿とコウモリをかけあわせてドラゴンを

想像上の生き物をつくり出してしまうのであります。

生まれたばかりの動物たちがこれまたきゃわいくて、

もうキュン死してまう。

 のび太、天才すぎるやろ~~~~(笑)

小学校のテストで0点とってる人間の所行とは思えないぞwww

 

ぼくね、思ってたんだよ、のび太は学校っていう狭い基準では

推し量れないレベルの才能があるってね。

、、、え?みんな知ってた??? 

 

大根かと思いきやパカッと開けるとごちそうが!秘密道具「畑のレストラン」。

出た!ドラえもんの秘密道具。

 

地面に種をまきニョキニョキと成長、一見するとでっかい大根。

と思いきや、なかをパカッと開けるとあらびっくり!

カレーライス、カツ丼、スパゲティ、ハンバーガーセット!!

レストランで食べられるごちそうが目白押し!

 

なんじゃこりゃあ~~~!欲しすぎるやろ~~~~!

こんな夢のような食べ物があるんかい!と当時子どもながらに憧れまくり。

 

収穫してから保存もきくし、携帯性にも優れている模様。

とにかくひとつでいいから恵んでくれ!

 

 

とまあ、わーわー言うとりますが次回

【②原始人ククルとの出会い、ヒカリ族救出編】に続くよ~

 

doraeiga.com

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

仙台でイラストも描けるデザイナーとして活動しています。

ホームページはこちらから

http://kunihiro520megane.wix.com/yamada-magazine-web

 

ツイッターやってますよ(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)

https://twitter.com/megane0018

 

フェイスブックもやってますよ(フォロー歓迎でございます)

https://www.facebook.com/kunihiro.yamada.142

 

この記事を気に入ってくださった方は、ブックマーク、ツイートなどしていただければうれしいです。ブログを更新する励みになります★

読者登録も大募集中です!よければ、下のボタンをポチッとしてくださいね〜。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村