読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる脱力系男子 山田の生き方ヒントブログ

日々のなかに遊び心を。生き方・働き方/仙台/歴史・地形について書いてます。

まだ黒歴史で消耗しているの?あなたのマイナス体験こそ、むしろ共感や説得力になる。

生き方・働き方 ちょっと疲れたら 人の気持ち・感情

成功体験やエリートや天才のはなしだけだったら全然親しみが湧かないよね。
なぜなら、ほとんどの人が失敗をするし、挫折の経験も、
思い出したくない過去もあったりするから。

だから、マイナス体験があったことを話すと共感を呼ぶし、
それがあったから今があるってことの説得力が増すよね。

自分と似た境遇を経験した人には興味が湧くし、
マイナスをプラスに転換できた人の話って聞きたくなる。

たぶんきっと、人ってマイナスな出来事に出会っても
それに自分にとっての意味を持たせることで
よりよく生きていこうとしたい生き物なんじゃないかな。

あなたのマイナス体験こそ、おもしろい!

ブログやSNSでいざ情報発信!でも、手が止まってしまう。

そうなってしまうのは
失敗だらけのこの私がこんなこと書いていいのかしら、、、
そんな思いが脳裏をかすめてしまうからだったりするのでは。

いやいやもったいない!あなたのそのやっちまった体験こそおもしろいのに!

マイナス体験って、確かに辛くて苦しいことなんだけれど、
同時に、自分自身を見つめ直したり、それまでの人生を振り返る
貴重なふしめでもあったはずなんだよね。

でなきゃ、いまだに引きずっていたり、そんなに長い間覚えているはずないもの。

辛かったと同時に貴重な体験だった。
それって、他の人にとっては共感を呼ぶこともあるし、
だから今こうした人生を歩んでいるだってことの説得力にもなりえる。

黒歴史も書き換えれば、意味が見えてくる。

ぼくの場合、何度か書いてるけど、移った先の会社でハイテンション洗脳セミナーに
強制参加させられたっていう黒歴史が(笑)

当時はあまりにショックすぎて、一時期人間不信に陥ってしまったけれど、
今なら笑い話として昇華できるなって思えるくらい。

Why!?ジャパニーズピーポー!!!人を変えたきゃお前がまず先に変われ!その人自身がその人の意思で変わろうとしなきゃ何の意味もない。24歳で強制参加させられた自己啓発セミナーでのWhy?体験。

 

本当にもう二度とごめんだけれど、ぼく自身この体験があって、
なにを大切にして生きていければ幸せなんだろう?って考え始めるきっかけに。

それまではただただまわりと同じようにっていう意識で生きていたんですよね。
いや、意識すらもしてないっていうか。

おもいっきり転んでしまったんですが、
ズッテーンと転んでみたら得るものもあったぞ〜って。
転んでもただじゃおきないっていう図々しさ(笑)

大事なのはマイナスをプラスに転換できていると、人は読みたくなるということ。

といっても、わざわざ無理矢理に黒歴史を語らないといけないわけじゃないし、
マイナス体験がなくたって、豊かに生きている人はいっぱいいるのでしょうね。

それでも黒歴史をオープンにしちゃおうかな!っていう人は
気をつけたいのはマイナス体験を延々と悪口や文句や
呪いの言葉で満たしてしまうと誰も読まないってこと。
最悪、絶縁されてしまいかねない。

大事なのはマイナスをプラスに転換できていると、人は読みたくなるということ。
書き換えて生きていける生命力のある人に魅力を感じるんだろうね。
生きるエネルギーみたいなものって、なんとなくこう伝染してくる感じってあるもんね。

失敗だらけの人生をぼく自身送ってきたので、人の黒歴史の公開はめっちゃ楽しみです。
ぼくは聞きたいな〜。


マイナスをプラスに転換するヒントに!山田おすすめ記事〜

kunipi.hatenablog.jp

kunipi.hatenablog.jp

kunipi.hatenablog.jp


ーーーーーーーーーーーーーーー
 
ホームページはこちらから
http://kunihiro520megane.wix.com/yamada-magazine-web

ツイッターやってますよ(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://twitter.com/megane0018

フェイスブックもやってますよ(お友達申請、フォローは歓迎でございます)
https://www.facebook.com/kunihiro.yamada.142

 

この記事を気に入ってくださった方は、ブックマーク、ツイートなどしていただければうれしいです。ブログを更新する励みになります★

読者登録も大募集中です!よければ、下のボタンをポチッとしてくださいね〜。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村