読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる脱力系男子 山田の生き方ヒントブログ

日々のなかに遊び心を。生き方・働き方/仙台/歴史・地形について書いてます。

あなたがデザイナーに向いてるかどうか一瞬で分かる方法。

デザイン 生き方・働き方

その方法とは、まずこちらをごらんください。

f:id:kunipi:20160509171000p:plain

 

、、、どうですか???

よ〜く見てくださいね。

 

よ〜く見たあとで、

具体的には言葉で表すのは難しいけれど、

なんだか気になってしまうなあ。

 

少しでもそう思った、あなた!

 

デザイナーの資質がありますよ!!

 

 

 

では、答え合わせ。

あなたが気になったのはこの部分では?

f:id:kunipi:20160509171009p:plain

そう、Tとeの間隔がここだけ空きすぎているんですよね。

それによって本当に本当にほんのわずかな違和感があった。

 

これでOK!違和感がなくなり、より読みやすくなった!

f:id:kunipi:20160509171043p:plain


Tとeの間隔についてはあくまでひとつの具体例。

つまり、間隔のわずかな隙間を見つけられるような「感度の高さ」がある人ほど

他のあらゆるデザインワークにもその能力を活かせるということなんですね。

 

え、そんなところ???が気になってしまう人。

気にならない人は全く気にならない。

ええええ〜、そんなところ???って思うかもしれない。

言われてみれば、確かに間隔が空いてるなあくらい。

 

でも、この世の中には誰かに言われる前に、

この些細な部分がどうしようもなく

気になって気になってしょうがない人がいるんですよね。

 

いや、これはぼくが言ってるんじゃなくて、

世界的なフォントデザイナーであるマシュー・カーターさんが

そう言ってるんですよ。

 

トップデザイナーともなると、気になり過ぎてキレちゃう。

www.ted.com

始まって40秒あたりのところで、こう話す。

Tとeの間隔が気に入らなくて怒り狂う人達はほんの少数でしょうが私はその1人です。

 

ビビットなピンクのシャツを着こなした知的そうなカーターさん。

Tとeの間隔が気に入らないと怒り狂っちゃうそうです(笑)

 

活躍の場が世界ともなると、

気になるどころのレベルじゃないんですね。

怒り狂っちゃうんだからww

 

でも、そのくらい敏感だから

フォントデザイナーの第一人者になれているのでしょうね。

 

っていうか、もう仕事にでもしなきゃただのヤバいやつ(笑)

だから、結果的にデザイナーにならざるをえなかったのかもね。

 

それは欠点か、あるいは才能か。

これって「好き」を超えてしまってますよね。

好きっていうよりも、もうどうしようもなく気になってしまうこと。

他の人がスルーするところで、自分だけは立ち止まってしまうこと。

 

それを欠点と見るか、自分だけの天武の才と見るか。

活かすも殺すも、その人の自由。

 

ぼくはできる限り活かしたいなあと思います。

※もちろん、才能だけでなく、訓練することでデザイナーの資質を高めることも充分に可能だと思います。

 

今回の記事はぼくのブログを読んでくださった方から

情報をいただいて書くことができました!

ありがとうございます。

 

こんな記事も書いてます。合わせてどうぞ~★

kunipi.hatenablog.jp

kunipi.hatenablog.jp

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

仙台でイラストも描けるデザイナーとして活動しています。

ホームページはこちらから

http://kunihiro520megane.wix.com/yamada-magazine-web

 

ツイッターやってますよ(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)

https://twitter.com/megane0018

 

ぼくも参加した、好きを仕事に「かさこ塾」。誰でも来れるのおまつりありますよ〜

http://festa.kasako.jp/2016/

f:id:kunipi:20160324024223j:plain

 

この記事を気に入ってくださった方は、ブックマーク、ツイートなどしていただければうれしいです。ブログを更新する励みになります★

読者登録も大募集中です!よければ、下のボタンをポチッとしてくださいね〜。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村