ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

ねえ「牛」飼ってる?〜ブッダとお百姓さんのおはなし

つい先日、なんでも、ブッダの有名なエピソードだっつーはなしを聞いたッス。

ブッダなんて手塚治虫のマンガを少しかじった程度で、よく知らなかったんだけれど、そのはなしが奥が深かったので、山田の超訳でご紹介。

 

 

あるところに、ボンビーなお百姓さんがいました。

全財産は3頭の牛と、2ヘクタールのごま畑。

それが、彼の幸せを支えておりました。

 

が、しかし!

ある年、ごま畑は害虫にメチャメチャに破壊されちまい、牛たちも逃げ出す事態が発生!!

お百姓さんはてーへんだー!つって、牛を探し求めている最中、森の中で弟子たちと静かに坐っているブッダに出会いました。

「おらの牛さ見かけなかったべか?」ブッダは見かけなかったと答えました。

するとお百姓さんは「ああ、おらの人生はもう終わりだっぺよー。おらにはなんも残ってねえもんでよお。だもんで、命を絶つしかねえっぺよ」と嘆きだしました。

哀れに思ったブッダは反対方向を指差し

「牛はあっちへ行ったと思いますよ」とお百姓さんを元気づけました。

 

去るお百姓さんの姿を見送り、弟子たちに語りました。

「失くす牛を持っていない私たちは、とてもラッキーです。牛を持っているから、苦しみは生じるのです」

~END~

 

 

いろんな解釈ができると思うけど、ぼくはこう思ったど。

 この「牛」って、生き物の牛にとどまらず、自分の中の価値観とか思想にも当てはまるよね。自分にとってなくてはならないものとして「牛=価値観、思想」を持つ。持つことでそれが自分の支えやよりどころになるんだと思う。けれど、持つってことは同時に失くす可能性もはらんでいるわけで。もしなにかのきっかけで失くす事態が起きてしまうと、お百姓さんのように「おらの人生もう終わりだっぺよー」と絶望してしまうことにもなるんだろうな。

 

で、このはなしを聞いて、ぼく自身の中にも自分でも知らないうちに飼い始めた「牛」がいるなあと思った。でも、それがどんな牛なのかハッキリと自覚してなくて。。。自分はどんな牛を飼っているんだろう。ちょっと観察してみよう。モー

 

以上!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村