読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる脱力系男子 山田の生き方ヒントブログ

日々のなかに遊び心を。生き方・働き方/仙台/歴史・地形について書いてます。

誰に「いいね」するかは、その人の自由!

ブロガー、カメライターのかさこさんのブログから。

公然とSNSパワハラしている人って
驚くべきことに意外といるみたい。
先日いろんなビジネスセミナーに
行っている方から聞いたんだけど
「かさこの投稿にいいねするな」
と圧力かけているセミナー講師もいるという。
「自分たちのグループだけにいいねしろ」
「他の塾のセミナー講師にいいねはするな」と。

 

犯罪レベルですよ。
別に誰が誰にいいねしたっていい。
誰が誰にコメントしたっていい。
Aさんも好きでBさんも好きでもいい。
A塾にも通っているけど
B塾にも通っているのでもいい。

 

それを規制するなんて
人権無視、人間無視もいいところ。

kasakoblog.exblog.jp

 

で、この記事を読んで思ったことは

以前にも記事にしていたのだけど、

◎ファンだからって100%支持しなくたっていいじゃん!

◎誰に「いいね」するかはその人の自由!

 

ファンだったら100%支持しなきゃダメ?

いつも読んでいるお気に入りのブロガーさんや

好きな作家さんの言ってることが

あれ?ちょっと自分の意見と違うなあ、、、

 

そういうときってない?

ぼくはそういうとき勝手に

気まずい雰囲気を味わったりする(笑)

 

なんでかっていったら、

ぼくはこの人のファンなのに、支持できない部分があると

ファンじゃないのか?って疑い始めてしまうから。

にわかファンか???

そ、そんなバカな???みたいな。

 

でも、思い直してみると

100%支持しないと、好き・ファンでいては

いけない決まりなんてないじゃんって。

 

だって、丸きり同じ人間じゃないんだから

いくら好きでも違ってくるところがあって当たり前だよね。

 

それに、全肯定、100%応援っていうのも

なんだかある種こわい気もする。

「教祖様」臭が漂ってくる感じ。

 

誰に「いいね」するかはその人の自由

自分がいいと思うところ・共感できるところは

いいねって思えばいいし、

そうでもないところは取り入れる必要もないわけで。

 

本人の人生なんだから、

本人の好きに選んだらいい、その人の自由。

 

それを強要や規制したりするのって

おかしいでしょ、人権無視でしょ。

 

数年前に「自己啓発セミナー」なるものが

この世に存在すると知ったとき。

そこも強要や規制のオンパレードだった。

セミナーとか○○講師とか

人に影響力を与えようとする人が

暴走しちゃうのかな。。。

 

考えの参考になるいい記事が。

 顧客が去っていくって感じるのは、自分の元へ帰ってくる自信がないから?

提供している自分のスキルに自信がないから?

顧客を信頼していないから?

この辺がそう感じる原因なんやと思う。

でも、一番大きい理由って「顧客と立場が対等でないから」。

知らないうちに、クライアントさんより上の立場に立ってへん?

私の言うことに 従っていればエエねん なんて思ってへん?

謙虚さを忘れ、傲慢になってない?

顧客が去っていくと感じるその心自体、慢心なんちゃうの。

顧客が自分の元から去っていく、そう感じる原因と理由。

 

強要や規制したりするのは囲い込みたいから。

囲い込もうとするのは

「顧客と立場が対等でないから」。

 

対等っていう意識を持ってない人が

「私があなたを導いてあげましょう」って

結果的に暴走しちゃうのかな。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 仙台でイラストも描けるデザイナーとして活動しています。

セルフマガジンの制作も承ります。詳しい内容はこちらから。

http://kunihiro520megane.wix.com/yamada-magazine-web#!blank-1/cfvg

 

ツイッターやってますよ(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)

https://twitter.com/megane0018

 

フェイスブックもやってますよ(お友達申請、フォローは歓迎でございます)

https://www.facebook.com/kunihiro.yamada.142

 

ぼくも参加した、好きを仕事に「かさこ塾」。誰でも来れるのおまつりありますよ〜

http://festa.kasako.jp/2016/

f:id:kunipi:20160324024223j:plain

 

読者登録もよければ、下のボタンをポチッとしてくださいね〜。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村