読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる脱力系男子 山田の生き方ヒントブログ

日々のなかに遊び心を。生き方・働き方/仙台/歴史・地形について書いてます。

どうして重いデータをメールに添付しちゃいけないの?

ちょっと疲れたら 生き方・働き方

f:id:kunipi:20160627163201p:plain

 

※あくまで現時点で自分が持ってる知識をまとめたものです。

この情報よりも、よりいいやり方があればぜひ教えてくださいね★

 

メールのやりとりで添付できるデータの重さは

2~3MB位までとされているのが一般的。

 

それ以上ある場合をここでは

「重いデータ」と呼ぶことにします。

 

この重いデータをそのまま添付してしまうのは

NG行為なんです。

どうしてダメなのか。

 

重いデータをメールに添付しちゃダメな理由。

主に3つあります。

 

◎メールを開くのに時間がかかってしまうため

データが重いと、受信するにも、メールを開くにも

時間がかかってしまうんです。

あぁ!わずらわしい!

相手の大切な時間を奪ってしまいかねません。

 

◎相手のメールボックスの容量を圧迫してしまうため

受け取ったメールは基本的にメールボックス

という場所にたまっていきます。

(web上の郵便箱みたいなイメージです)

このボックスの容量には限りがあって、

いっぱいになってしまうとメールを受信できなくなるんです。

重いデータを添付するとそれだけ相手側の容量を

圧迫してしまうことになるのですね。

 

◎届かない場合があるため

あまりにも重いデータを送ると、

エラーになってはじかれてしまうケースも。

そうなると、送ったのに、届いていない!なんてことに。

締切りが設定されている仕事なら

これは致命的な事態ですよね。

 

以上の理由から、つまるところ、

重いデータを添付してしまうと

相手にいらぬ迷惑をかけてしまう

ことになるわけです。

 

それは相手も自分も気分がよくないですよね。

 

データの重さ=サイズを調べる方法

では、データの重さ=サイズって

どうやってチェックしたらいいの?

おさらいしていきましょう。

 

・Windowsの場合(win7)

送りたいデータを右クリックします。

すると、項目がずらずらと出てきます。

そのなかから「プロパティ」をクリック!

f:id:kunipi:20160627170209p:plain

ウィンドウが現れて、

「サイズ:○○MB」を見ると

確認することができるようになってます。

f:id:kunipi:20160627170220p:plain

 

・Macの場合

windowsと同様に、右クリック。

「情報を見る」をクリック。

f:id:kunipi:20160627223255p:plain

「サイズ:○○MB」のところをチェック!

f:id:kunipi:20160627223309p:plain

ここで2~3MB以内に収まっていればOKです!

 

2~3MBを超えたデータを送るには?

じゃあ、送りたいデータが

2~3MBを超えてる場合はどうしたらいいの?

そうお困りのあなた!

 

そういうときは「ファイル転送サービス」です。

これは自分側はデータを一時的に預けておいて、

相手に預け先から任意のデータを

ダウンロードしてもらうというもの。

 

メジャーなところだと

ギガファイル便

データ便

ファイルストレージ

 

それぞれ使い勝手や

転送できる容量が違うだけで、

基本的にはどれも同じ仕組み。

 

ギガファイル便なら

まず間違いないんじゃないでしょうか。

ただ、ギガファイル便は広告がやたら目立つのが難点。

それが気にならない人は大丈夫だと思います。

 

「ファイル転送サービス」の使い方

(ギガファイル便の場合)

 

使い方はとても簡単!

まず、送りたいデータをフォルダにまとめて、

zip圧縮し、ドラッグ&ドロップ。

f:id:kunipi:20160627180309p:plain

 

すると、「完了!」のメッセージが。

これを確認したら。

f:id:kunipi:20160627170717p:plain

 

下にダウンロードURLが表示されるので、

これをまるごとコピーしましょう。

f:id:kunipi:20160627170822p:plain

そして、自分の送付メールの本文のところにペースト。

 

例えば、ぼくなんかだとこんなふうにメッセージします。

f:id:kunipi:20160627223541p:plain

こうしてあとは送信するだけ。

あとは送り先の相手がデータを

ダウンロードしてくれるという流れです。

 

まとめ

◎メールに添付できるのは2~3MB位まで。

◎送る前に、データの重さ=サイズを確認しよう。

◎重い場合は「ファイル転送サービス」を利用する。

 

以上でございます。

これであなたも楽しいサイバーライフをエンジョイしましょ~★

 

※今回記事にした内容は時代とともに変わることがありえます。

事実、10年位前はメール添付は

1MB以下じゃないとダメと言われていました。

NGだったことが技術の発達・環境の変化などで

OKの領域に変わってくることもあるということも

頭の片隅に入れておきましょ~。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 仙台でイラストも描けるデザイナーとして活動しています。

セルフマガジンの制作も承ります。詳しい内容はこちらから。

http://kunihiro520megane.wix.com/yamada-magazine-web#!blank-1/cfvg

 

ツイッターやってますよ(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)

https://twitter.com/megane0018

 

フェイスブックもやってますよ(お友達申請、フォローは歓迎でございます)

https://www.facebook.com/kunihiro.yamada.142

 

ぼくも参加した、好きを仕事に「かさこ塾」。誰でも来れるのおまつりありますよ〜

http://festa.kasako.jp/2016/

f:id:kunipi:20160324024223j:plain

 

読者登録もよければ、下のボタンをポチッとしてくださいね〜。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村