読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

カルピスの水玉~日常にある優れたデザイン~

f:id:kunipi:20160622045256p:plain

突然ですが!

あなたはこれを見て

なにを思い浮かべますか?

  ・

  ・

  ・

「カ」で始まる飲み物、、、

ずばりカルピスをイメージされたそこのあなた!!

 

それこそがカルピスのデザインが

優れている証拠。

(タイトルで言っちゃってるけどww)

 

カルピスの水玉ってとってもシンプル。

だから、一度見たら覚えやすくて、

かつ、また見たときに思い出しやすい。

 

覚えやすく、思い出しやすい。

 

長く愛されているのは

このデザインの効果も

あるからなんじゃないかな?

 

カルピスの水玉模様。

近所のスーパーでお買い物。

暑くなってきたな~と思い、

飲み物のコーナーに寄ってみると

その一角に水玉の群れが!

 

あれは!そうだ!カルピスだ!

f:id:kunipi:20160622050217p:plain

おいしさを守るピースボトル|乳酸菌と酵母、発酵から生まれた乳酸菌飲料「カルピス」|アサヒ飲料

 

「白に青い水玉」(青に白の水玉)っていったら

カルピスを連想せずにはいられない。

 

そのくらい「白に青い水玉」=

カルピスって浸透してるよね。

 

覚えやすく、思い出しやすい。だから、すごい!

この見た瞬間に、

連想してしまう、イメージされるのって

最強の広告デザインだな~と思うんだよね。

 

商品やサービスを買ってもらえなくなるのは

飽きられたり、他のものに代替えされる

っていう理由もあるけれど、

さらに見逃せない大きな要因として

単に忘れられているってこともある。

 

そうなってしまうのは、なぜか?

人間はすぐに忘れてしまう生き物だから。

 

ほら、昨日の晩ご飯なに食べたか

すぐに思い出せないなんてことあるじゃん?

そのくらい簡単に忘れるように

人ってできているんだよね。

 

だから、忘れられないようにしておく。

いつも覚えていてもらう。

 

広告って、そのために

PRする意味合いもあるんだけれど、

カルピスの水玉ってとってもシンプル。

だから、一度見たら覚えやすくて、

かつ、また見たときに思い出しやすい。

 

覚えやすく、思い出しやすい。

 

これがカルピスのパッケージに見る

優れたデザインの証だなと思うわけです。

 

知ってた?あの水玉は七夕の天の川をイメージしていた!

ちなみに。

カルピスについて調べてたら初耳なことが!

 

カルピスの誕生日って七夕の7月7日らしい。

で、七夕の天の川をイメージしたのが

あの水玉なんだって!

へぇ~~~

「カルピス」は今年で97回目の誕生日を迎えます。七夕生まれにちなみ、「カルピス」の水玉模様は天の川をイメージしています。

f:id:kunipi:20160624000724p:plain

「カルピス」七夕特集|CALPIS

 

水玉パッケージの登場は1922年からで

発売当初は化粧箱入り!

なんだか「養命酒」みたいww

知らんかった~~~

歴史があるんだな〜

  

カラダにピース★カルピス!

www.youtube.com

 

www.youtube.com

(長澤まさみさんも、もうママ役なのね〜)

 

 

こんな記事も書いてます。合わせてどうぞ~★

kunipi.hatenablog.jp

kunipi.hatenablog.jp

ーーーーーーーーーーーーーーー

 仙台でイラストも描けるデザイナーとして活動しています。

セルフマガジンの制作も承ります。詳しい内容はこちらから。

http://kunihiro520megane.wix.com/yamada-magazine-web#!blank-1/cfvg

 

ツイッターやってますよ(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)

https://twitter.com/megane0018

 

フェイスブックもやってますよ(お友達申請、フォローは歓迎でございます)

https://www.facebook.com/kunihiro.yamada.142

 

ぼくも参加した、好きを仕事に「かさこ塾」。誰でも来れるのおまつりありますよ〜

http://festa.kasako.jp/2016/

f:id:kunipi:20160324024223j:plain

 

読者登録もよければ、下のボタンをポチッとしてくださいね〜。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村