ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

やりたいことがなくちゃダメなの?そう思う人は「ありたいひと」タイプかも。まわりにどう思われようが、自分にしっくりくるほうが自分にとっての正解なのでは。

自分で自分の生き方を見つけ出すのって
なにも全てオリジナルを目指さなくても
いいのかもしれない。

いろんな人の生き方を知ることで
それ自分にしっくりきそう!
っていうのを試してみる。

そうやって、いいとこどりで
いろいろミックスしていくなかで
自分の生き方みたいなものに
徐々に近づいていくのかなって。

 

自分に無理して「やりたいひと」を演じていた。と、その人は言った。


自分に無理して
一生懸命「やりたいひと」を
演じていたんだろうね。

と、その人はボクに話してくれた。

雑誌のデザインに定評のある
日本でも名の知れた制作会社で
その人はデザイナーとしてバリバリ働いていた。

地方から東京の美大に進み、
せっかくデザインの仕事をするなら上を目指したい。
そう思い、自分の作品を持参して、
その会社の門を叩いたという。

意欲が違うなあ、気持ちが強いなあ。

ボクには彼女自身が自分のやりたいことを
思いきりやっているように見えていた。

うらやましくて、憧れてもいて。

だから、そんな彼女が
「やりたいひと」を演じていた。
「やりたいひと」じゃなかった。
と、話したことに
とてもとてもビックリしてしまった。

 

「やりたいひと」と「ありたいひと」でタイプが分かれる。

 

dutoit6.com

つまり、世の中には
「やりたいこと」タイプのにんげんと
「ありたいすがた」タイプのにんげんがいるんじゃないでしょうか。

やりたいタイプとありたいタイプで、
しあわせに対する捉え方って全然違うんじゃないかなと思って
描いた図がこれです。

やりたい

やりたいタイプはゆめとか目標とか理想に対して
近づいてる感が幸せになります。
だから、目標を定義して、それに対して向かっていく
「矢印モデル」になる。
そこには、目標があるから、
どうやって近づくかという、計画という考え方があるし、
どれだけ近づいたかっていう、進捗という考え方があるし、
それを阻まれるという、挫折という考え方があります。

一方、ありたいタイプは、
「いま」自分の価値観が満たされていればしあわせです。
そして、それがずっと続いていったらな~、と思っている。
それがこの「円柱モデル」です。
そこには、計画も進捗も挫折もない。

 

彼女はこの記事をシェアして、
自分は「やりたいひと」だと思っていたけど
「ありたいひと」だったんだなあともらしていた。

学生時代、やりたいことがあるのが
正しいというような空気が
出来上がっていたという。

目標を持たなくてはいけない。
やりたいことがないなんてダメ人間だ。

その教えを真に受けて
自分に無理して一生懸命
「やりたいひと」を演じるように
なっていったのでしょうねと
自分を振り返っていた。

その弊害がうつの増加にも
つながっているんじゃないかなとも。

 

まわりにどう思われようが、自分にしっくりくるほうが自分にとっての正解なのでは。

 

「ありたいすがた」タイプの人は、「どうなったら幸せか」を定義できれば、
そこから「やりたいこと」を定義することができます。
つまり、幸福であるためには、こうなっていればいい、これをやればいい、
それを「目標」という言葉に置き換えてあげればいい。

わかりやすく説明すれば、
やりたいことタイプの人:切り絵を作ることが目標の人にとって、はさみはツールです。
ありたいすがたタイプの人:人に喜んでもらうことが目標の人にとって、切り絵は、人に喜んでもらうための「ツール」です。


もう以前からそのことに
気づいていたという彼女は
今ではデザインはやりたいことや目標ではなく、
ツール」のひとつだと
割り切って捉えているようです。

彼女はその考え方にシフトすることで
やっと自分にしっくりきたようで、
生きるのがずっとずっと楽になったみたい。

やりたいという生き方とは別に
ありたいという生き方もあるんだなあ。

どう生きたっていいんだよなあ。

最後にこう言ってました。
自分の得意なことでお金を稼ぐのって素敵よね。

それも全然ありだなあと思いました。


ーーーーーーーーーーーーーーー
★いまの目標★
ブログを毎日書いて発信する・アウトプットを意識してみる・自分の仕事をつくる
 
◆いま興味があること◆
きくこと・かなしみ・アウトプット・歴史・働き方・生き方・ひきこもり・行動心理・
イラスト・DTPデザイン・マインドマップ・かさこ塾・エクスペリエンスマーケティング
 
ツイッターもやってますよ(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://twitter.com/megane0018

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村