ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

本当につらいときに人はつらいと言えない。「ノルウェイの森」で緑がもらした鬱屈した想い。

話せているうちはまだ大丈夫。
言葉に出せているうちはなんとかなる。

本当にヤバいのは
口に出せないとき。
言葉にもできないとき。
話しもしたくないとき。

ノルウェイの森」で緑がもらした鬱屈した想い。

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

 

 

「ねえ、お金持ちであることの最大の利点ってなんだと思う?」
「わからないな」
「お金がないって言えることなのよ。たとえば私がクラスの 友だちに何かしましょうよって言うでしょ、すると相手はこう言うの、『私いまお金ないから駄目』って。逆の立場になったら私とてもそんなこと言えないわ。 私がもし『いまお金ない』って言ったら、それは本当にお金がないっていうことなんだもの。惨めなだけよ。(…)」
ノルウェイの森(上)講談社文庫 p131


村上春樹さん「ノルウェイの森」に

「緑」という女の子が出てくる。


彼女が中学高校と通った学校は
エリートの女の子ばかりが集まるところで
親の見栄でそこへ通わせられていた。


彼女の家は戸をがらがらと開けるような個人経営の書店。
一方、まわりの同級生は
運転手つきの車で送迎されるほどのお金持ちばかり。


そこで味わった鬱屈した想いを

主人公ワタナベにもらしたシーン。

たくさん持ってる人は「ない」ってカンタンに言えてしまう。
少ない人は「ない」なんてとても言えやしない。
その差。

本当につらいとき、人はそれを言えない。
本当のことって
そうそう口には出せないんだよね。

 

本当につらいときに人はつらいと言えない。


本当につらいときに人はつらいと言えない。

本当にヤバいのは
口に出せないとき。
言葉にもできないとき。
話しもしたくないとき。

そういう人ほど、
つらさを抱えているんだなと思いました。


ーーーーーーーーーーーーーーー
生きることにつまづいた人が
もう一度、自分を生き直すのに役立つような話題を
ブログに書いています。

★いまの目標★
ブログを毎日書いて発信する
働きやすくなる仕事環境を整える
職場の同僚のおもしろさを発信する
自分の仕事をつくる
 
◆いま興味があること◆
話を聴くこと・人の気持ち・かなしみ・
働き方・生き方・発達障害・ひきこもり・行動心理・
イラスト・DTPデザイン・デザイン思考・
かさこ塾・エクスペリエンスマーケティング
 
ツイッターもやってますよ(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://twitter.com/megane0018

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村