ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

一度、自分から思い切って話してみることで、探り当てたかったことが見つかることも。話すは、離す・放す。

誰かに話してみることで、気持ちがらくになることがある。
自分ひとりで悩むことも
ときには必要なのかもしれないけれど、
あまりにも思い詰めるようならそれを人の前で話してみることで、
ふっと軽くなって、次に進めるってことがある。

話す=離す・放す。


昨日の記事で「聞く」ことについて
いろんな方の言葉を引用しつつ
自分の思いを書いてみたのだけれど。

「話す」ことについても書いてみます。
昨日、話すことが苦手と書きました。
そんな話すことが苦手なボクが
話すことの効用ってなんだろうな?と考えてみると、
話す=離す・放す
ってことなんだろうと思う。

自分ひとりでモヤモヤと重く沈んでいた状態から
話すことで、言葉が放たれて、重苦しいものが離れていく。
そういう効果があるように思う。

 

思いきり言葉を放してみる、離してみると気持ちがいいよね。


そこに上手く話そうとか、
テクニック的なものはまずは置いておいて、
思いきり言葉を放してみる、離してみる。
それってけっこう気持ちがいいもので。

話す相手が「聞いてくれる」人なら、
なおさらその効果は倍増。

で、話し切ったと思ったときに
自分が実は探り当てたかった気持ちや思いが
見つかることがあるような気がする。

 

手放してみると、見つかる。


これ不思議な現象なんですよね。
手放してみると、見つかるというね。

ボク的にはお金を払ってでも
誰かに聞いてもらってもいいくらい。
そのくらい、一度自分から
放してみる・離してみることって大切だと思う。

行き詰まりを感じているのなら
少しでもいいから
放して・離してみたらどうだろう。


ーーーーーーーーーーーーーーー
生きることにつまづいた人が
もう一度、自分を生き直すのに役立つような話題を
ブログに書いています。

★いまの目標★
ブログを毎日書いて発信する
働きやすくなる仕事環境を整える
職場の同僚のおもしろさを発信する
自分の仕事をつくる
 
◆いま興味があること◆
話を聴くこと・人の気持ち・かなしみ・
働き方・生き方・発達障害・ひきこもり・行動心理・
イラスト・DTPデザイン・デザイン思考・
かさこ塾・エクスペリエンスマーケティング
 
ツイッターもやってますよ(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://twitter.com/megane0018
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村