ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

岩手県陸前高田にある「木と人をいかす」滞在施設、箱根山テラス。そこに滞在してみて気づいたのは、人は多面的な生き物なんだなあということ。

「木と人をいかす」滞在施設が岩手県陸前高田にある。

ボクが住んでいる宮城県仙台市から北へ。

宮城との海側の境に岩手県陸前高田という小さな港町があって

そこに昨年「箱根山テラス」という滞在施設が新しくできたんです。

 

www.hakoneyama-terrace.jp

 

この施設は、2014年秋に

「木と人をいかす」をテーマに陸前高田にオープン。

大きくて広いウッドデッキが特徴的なんです。

そして、そこからの眺め。

 

ボクは昨年、西村佳哲さんのご案内で

三泊四日の滞在をしてきました。

f:id:kunipi:20150803221419j:plain

箱根山テラスから海を眺める。

 

f:id:kunipi:20150803221544j:plain

この場所に惹かれて集まったみなさんとおしゃべり。

 

f:id:kunipi:20150803221614j:plain

ポカポカ陽気のなか。

9月の後半だったけれど、まだまだ日差しがたっぷりでした。

 

f:id:kunipi:20150803221629j:plain

陸前高田で活動している友廣裕一さんのお話しなどなど。

 

ここに集まってくる人の理由は本当に人それぞれなんだけれど、

西村佳哲さんに興味があってとか、

おもしろうそうな人たちに出会いたい、

震災後の東北沿岸部の様子を実際に目にしたい、

ただただのんびりゆっくりしたい、などなど。

 

人は多面的な生き物である。

ボクが実際に参加して思ったのは

人って「多面的」なんだなあってこと。

 

ボクの場合、人をある一面で捉えて、

それでその人の全てを

判断してしまいがちなところがあって。

 

あの人は怒りんぼうタイプ、あの人は気遣いがきくタイプ、

あの人はやたらと明るいタイプ、あの人は、、、

ラベルを貼っておいて、とりあえず安心するというか。

 

でも、人っていろんな顔があって、いろんな特性があって、

決して一面だけが全てじゃないんだよなあと。

 

もの静かそうな人が話してみると

実はとても刺激的なことを考えていたり、

明るくおしゃべりしてると思いきや

ひとりで黙々と思い馳せていたり、、、

 

そういう人の面の多さに気づく機会だったなと

今振り返って思います。

そのくらい多種多様な人たちが集まっていたのかな。

 

www.hakoneyama-terrace.jp

今年も滞在プログラムがあるようなので、

気になった人はチェケラーです。

 

広告を非表示にする
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村