ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

その「ふつう」って、本当に「ふつう」なの?アスペルガー症候群が約100人に一人の割合で発症するという記事を読んで思ったこと。

コンビニで雑誌を立ち読みしてたら、

サンデー毎日

ミケランジェロからビル・ゲイツ織田信長も… 「あさイチ」で話題 あなたの夫もアスペルガー 

 という見出しが出ていた。おやおや?

 

早速ページをめくってみて驚いてしまったのが、

アスペルガー症候群って

約100人に一人

の割合で症状が出ると書いてあったのよね。

 

、、、けっこう多いッスね。

てゆーか、織田信長ミケランジェロって。。。

f:id:kunipi:20150603021337j:plain

そんな昔の人のことも分かるのかなあ。。。

 

www1.nhk.or.jp

最近、こうやってテレビやニュースで取り上げられたり、

自分の身の回りでもそういう話題が出たりして

しかも、それが約100人に一人の割合で発症するものなんだと

それが確かなら他人事とは思えないなあ。

 

100人のうち一人が発症してて、

残りの99人はなんでもありませんよー

ってことじゃないんだと思ってて。

おんなじ人間なんだから、残りの99人も病名はなくても

なんらかの兆候は必ずあると考えたほうが懸命でしょ。

 

 

なんでテレビやニュースで話題になるのかって考えると、

「ふつう」のことじゃないからだよね。

よくあること、日常的じゃないこと。

100人に一人に起きている例外的なこと。

 

でも、その「ふつう」の基準っていったい?って思ったりする。

「今現在」の「ふつう」なわけで、

絶対普遍ではないってことだよね。

 

「今現在」の「ふつう」から見て、

アスペルガー症候群が話題になったり、

発達障害の記事が特集されたりすることって

それって裏を返せば

「今現在」の「ふつう」が

ちょっと歪んできてる兆しでもあるんじゃないかな。

 

その「ふつう」って、本当に「ふつう」なの?

 

 

 

広告を非表示にする
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村