ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

ちょっと不幸で悲しい。なのに、笑えるところ。それと、好きなことに夢中になっているところ。山本さほさんの『岡崎に捧ぐ』がジワジワきている件。

つい先日のこと。

お昼休みにコンビニで立ち読みをしていたら、

気になるマンガが目に入って。

一回読んでみて、あれれけっこうおもしろいかも。

で、しばらくしたらもう一回読みたいぞ

と思ってまた読み返してしまいました。

いい作品に出会っちゃったな。

 

それがこのマンガ。山本さほさんの『岡崎に捧ぐ』。

岡崎に捧ぐ 1 (コミックス単行本)

岡崎に捧ぐ 1 (コミックス単行本)

 

なにに心惹かれたかっていったら、

ちょっと不幸で悲しい。なのに、笑えるところ。

主人公と岡崎さん自身がそんな境遇であっても

そのなかから楽しさを見つけ出すところ。

それと、好きなことに夢中になっているところ。

 

スゴい能力を持ったヒーローが登場するわけでもなく、

カッコいいセリフを言うわけでもなくて。

それなのに、おもしろくて、笑えて、笑顔になって、

その日、一日をほがらかに過ごせる、そんな気持ちにさせてくれる。

そんな感じ。

 

気になって作者をググってみたら、

おもしろいエピソードが載っていて。

親友岡崎さんの結婚式のサプライズ用に

思い出をまとめようと描き始めたのがこの『岡崎に捧ぐ』らしい。

それもなんかグッとくるなあ。

 

ネットで第一話が読めるので気になった方は

ぜひぜひ★

note.mu

広告を非表示にする
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村