ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

軽蔑しつつも、と同時に自分だってそうじゃねえか、、、と我に返る。

今さらながら、某レンタルDVD屋さんの

「レンタルコミック」なるものの利用価値を存分に味わっている。

一冊50円!!

ぬおー、なんたる庶民の味方なのだ!

 

で、さらに今さらながら

井上雄彦さんの『リアル』を一巻から読み始めている。

リアル 9 (ヤングジャンプコミックス)

リアル 9 (ヤングジャンプコミックス)

 

 登場人物のなかで、ボクが一番シンパシーを感じてしまうのは「高橋」かな。

特に「人にランキングをつけて、自分は上か下か神経質になる」ところ。

コイツ嫌な奴だな〜根性曲がってるな〜と軽く軽蔑しつつも、

と同時に自分だってそうじゃねえか、、、と我に返る。

 

9巻目で、プロレスラーのスコーピオン白鳥が加わることで

高橋のなかの「ランク付け」が崩壊の兆しを見せ始める。

そして、オタクの花咲君も交えての三銃士の「結成」。

徐々に化学反応が起きていく様に胸が躍る自分がいる。

 

続きが早く読みたい。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村