読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる脱力系男子 山田の生き方ヒントブログ

日々のなかに遊び心を。生き方・働き方/仙台/歴史・地形について書いてます。

弱みは克服するもの?さらけ出して強みにしちゃう?あなたはどっち???

どちらがよくて、どちら悪いじゃなく、自分に合ってるのはどっちなのかな?

ネガティブなことも書く理由。

誰にとってもいい人なんていないように、誰とってもいい記事、いい内容のブログもないんじゃない?

Why?ジャパニーズカンパニ〜!Why?ジャパニーズカントリ〜!!

タクスズキさん「月30万もらえる会社員を辞めた理由」より

無意味×無意味×無意味=笑い

女芸人ゆりやんレトリィバァ、写真家梅佳代から見えてくること。

落語が教えてくれる、人間の業のおもしろさ。

ぼくらの毎日は落語のお話を演じているようなもの。

組織や集団の上下関係に参ってる人こそSNSやブログを利用する価値がある。

個々人が対等にフラットに交流できるツール。それがSNSやブログだから。

今の「当たり前」や「常識」は長い歴史から見れば「流行」や「ブーム」でしかない。

3食ちゃんと食べるのはふつうですか?

「働きたくない」の先に「やりたいこと」があるかもしれない。

「どうしてもやりたくないこと」をやらない

他者目線とは相手が共感できることである。

旅するイラストレーターこまつきょうこさんの「ダメ女子あるある図鑑」を読もう

「いい記事か・クソ記事か」は読む人によって異なる。

抜け感

仕事で悩んでる人が読んだら、ちょっと楽になるおすすめのブログ。

「らふらく」のタクスズキさん。

2/14はバレンタインデイ。それと忘れちゃいけない「ふんどしの日」ですよ!

「ふんどし」って、実は身体にいい!

好きなことが分からない人は「続けられていることはなんだろう?」と問いかけてみては。

「好きなことは?」と聞かれて困ってしまうあなたへ。

あのスタンリー・キュー○リック監督を越えた!?『2016宇宙の旅』。あるいは人生のボタンとはなにかについてを語ろう。

空気を読まずに大気圏突入!

「LGBT」ってなんだ???社会的マイノリティをテーマにしたメディアプロジェクトsoarの記事から。

地味で普通のLGBTのモデルに。「やる気あり美」の太田さん。

投稿した瞬間の「いいね!」に思う、この人ちゃんと読んでるの~???いやいや、どう読むかはその人の自由ですから~。

ぼくが書きたいことを書いているのと同じように読む人だって読みたいように読んでいいのでは?

仙台にあるまつはし整骨院からのお便り「マッツ通信」が深イイ~。今月のテーマは「自分の身体を知る」。

仙台河原町にあるまつはし整骨院さんのはなし。

まだ黒歴史で消耗しているの?あなたのマイナス体験こそ、むしろ共感や説得力になる。

人ってマイナスな出来事に出会ってもそれに自分にとっての意味を持たせることでよりよく生きていこうとしたい生き物なんじゃないかな。

「人を作るのは環境、だから良くない環境で頑張っても逆効果。」トヨタ自動車を辞めて高知に移住したぴーすけさんの人や場を見る目に学ぶ。

自分にとって合うものは取り入れて、合わないものは捨てていく。

怒りの矛先がどこか分からないから、怒りたくても怒れない。怒りの不完全燃焼って身体や心によくないのかも。

「怒り」って、人間にあって当然の感情だと思うんです。

正社員だけが「正」しい働き方・生き方なわけじゃないよね。自分で自分にあったスタイルを試してみること。

はて?自分はどうしたかったんだっけ???

なぜ?どうして?そんなバカな!?信じられないけれど、本当にあった話。「私とおじさんが、つながっていました」(笑)。

いつも読んでいる、やまたろうさんのブログ。ボク個人的には2つ目のイラストの「カチャカチャ」してるところが好きです(笑)それと、イヤホンがふたつブラブラしてるのがアレでアレなのが(笑)

「おはようご財MAX!!」そうやって何かにすがりつきたくなる気持ちってすごい分かる。けれど、そういうときこそ、いかに自分で自分自身に問いかけられるか。

よりどころになる「誰か」や「なにか」にすがりつきたくなる気持ちも痛いほど理解できるんです。けれど、そういうときこそ、いかに自分で自分自身に問いかけられるか。

仙台にある商業施設タピオで行われる、みんなで学びをシェアしあう「タピ大」。そこで自立支援施設アミークスカレッジ仙台の高橋さんがお話ししますよ~。みんな集まれ~。

仙台は泉区にある商業施設「タピオ」。その一角で「タピ大」と呼ばれるみんなで学びをシェアしあうスペースがあるんです。 今月のスケジュールを見てみると野菜ソムリエ、大道芸人、セラピスト、囲碁講師、凧の会会長や四国歩き遍路旅日記著者なんてのも。「…

自分が本当にしたいことをするための捨てる・減らす・持たない暮らし。『「何もない部屋」で暮らしたい』を読んで、そう感じました。

『「何もない部屋」で暮らしたい』を購入して、読みました。モノをただ捨てることを目的にしてるんじゃなくて、自分が本当にしたいことをするために捨てる・減らす・持たない暮らしをしてるのかなってボクは読んで感じました。

いい時間を過ごしたいのなら「誰と、どこで」が大事。仙台は河原町にある「まつはし整骨院」は、ここが整骨院?っていうくらい、素敵な空間が広がっていましたよ〜。

いい時間を過ごしたいのなら、 「誰と、どこで」過ごすかが大事。 そう言っていたのを思い出して。 たびたびこのブログで紹介している 仙台は河原町にある「まつはし整骨院」。 ふつうの整骨院という概念を越えていて。 整骨院でいい時間を過ごす。 まつはし…

「本人がやろう!と決めたそのときが、その人にとってのベストタイミングなんじゃないかな。」

もういい歳だから。もう手遅れだから。今から始めても仕方がないから。誰かと、なにかと、比べてしまって「遅過ぎた」「手遅れ」と判断してしまう。そう思いたくなる気持ちボクにもあって。今だってそうで。でも、ある人からこう言われたことがありました。…

仙台が舞台のマンガ、古舘春一さん作『ハイキュー!!』。ちょっと自分に素直になれないなぁ、、、そんな人は月島蛍の変わっていく姿にビビビ!とくるものが、きっとあるはず。

ハイキュー!! 10 (ジャンプコミックス) 作者: 古舘春一 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/04/04 メディア: コミック この商品を含むブログ (16件) を見る 仙台ゆかりの漫画家といえば『ジョジョ』の荒木飛呂彦さんが有名ですね。そして、今もうひとり勢…

分かっていないのに、安易に了解してしまうのは、嫌われたくないから。でも、嫌われないようにするのって、同時に好かれもしないってことだよね。

嫌われないように、怒られないように。そうしているうちに、気づけば人との関わりが減っていた。嫌なことをしているわけじゃないのに。迷惑をかけていないのに。どうして自分のまわりには誰もいないんだろう?そのときは嫌われないようにしていることが同時…

「認知欲求のリスクヘッジ」ひとつの場所に自分の全てを依存するからつらくなる、苦しくなる。自分を大切にして生きていきたいのなら分散させておく工夫が必要なんですね。

いろんな生き方があっていいと思いますが、僕的には、 ひとつの場所にすべてを依存する生活はしないほうがいい と思います。 ひとつの場所にすべてを依存していると、そこで運悪く失敗した場合、全存在を否定された感覚になってしまう。 ちなみに僕は日本人…

「いいね」がひとつももらえなかったら、どうしよう。。。「いいね」恐怖症だったボクが最近になってフェイスブックでもシェアできるようになった理由。

「いいね」がなくても、 見てくれてる人がけっこういることに気づいたから。 それと、 他の誰かと「いいね」の数を比べることよりも、 自分を出してみることのほうがおもしろいなって分かったから。 「いいね」がもらえなかったらどうしよう、、、ガクブルで…

「痛みの原因って、実はありません。」←えっ!マヂすか!?過去を気にするよりも未来に意識を向けてみよう。身体の専門家まつはし整骨院「マッツ通信」のお時間ですよ。

なんでここが痛くなったんやろ…と考えても、その要素なんていくらでもあります。っというか、ほぼ無意識下でのことなので、思いつくこともないかもしれません。なので、過去(原因)を気にするよりか、現状を受け入れて、一度きちんと身体を整えて、将来元気…

心が乱れない人なんていない。だから、乱れたときにどう立ち返るか?その方法のひとつがブログです。

心が乱れない人っているの? 心に波立っているときには自分が本当に望んでいること、やりたいこと、求めていることから外れてしまう行動をとってしまいがち。ボクもガンガン外れに外れて何度同じことを繰り返してるんだーーーっ!!学習能力のないバカたれー…

自分の気持ちと全く正反対の行動をとってしまう人について。

あしゅらー 本当はうれしい。なのに、てれ隠しに仏頂面になってみたり。本当はかなしい。なのに、笑ってごまかしてみたり。本当は行きたい。なのに、先にひとりで帰ってしまったり。自分の気持ちと全く正反対の行動をとってしまう人。こういう人に関わろうと…

大人になって今やっていること、これからやろうとしていることは、子どもの頃からやりたいことと、どこかでつながっているのかも。

いばや通信の坂爪さんのブログにて。 ibaya.hatenablog.com さかつめ「おれね、実は、こどもの頃からやりたいことって変わっていないんじゃないのかなって思うんだ」 とおるくん「はい」 さ かつめ「おれは、みんなでいい感じになりたいだけなんだっていうこ…

私はなにを欲しているの?求めているの?自分に問いかけながらそれを外に出してみることがその人にとって一番の学び。参加するたび発見があるマインドマップ講座。

マインドマップ講座3回目 学び方、覚え方、勉強の仕方。それらも人によってやりやすい方法って違うんじゃないかな。勉強でも仕事でも結果が出ないで困っているのなら、そのやり方自体を変えるという考え方もあると思います。 自己問答をすることがその人にと…

やりたいことがなくちゃダメなの?そう思う人は「ありたいひと」タイプかも。まわりにどう思われようが、自分にしっくりくるほうが自分にとっての正解なのでは。

自分で自分の生き方を見つけ出すのってなにも全てオリジナルを目指さなくてもいいのかもしれない。いろんな人の生き方を知ることでそれ自分にしっくりきそう!っていうのを試してみる。そうやって、いいとこどりでいろいろミックスしていくなかで自分の生き…

「染み出てるよ。」自分の気持ちを懸命に隠そうとしていた人が涙を流さずにはいられなかった言葉。

「染み出てるよ。」あなたが自分の気持ちを懸命に抑えよう隠そうとしてもそれはあなたが思っている以上にまわりは気づいている、バレているということ。ある人が放った言葉。投げかけられたその人は堰を切ったように涙を流していた。 見せたくないから、隠そ…

誰か人に話を聞いてほしい、、、そんなとき、お坊さんに聞いてもらうという選択肢もあります。会いに行けるアイドルならぬ、会いに行けるお坊さん。お寺カフェ「神谷町オープンテラス」。

誰か人に話を聞いてほしい、、、そんなときってありませんか?ボクはたまに、ときどき、、、、いやけっこうあります!そんなときってどうするか。家族やお友達、先輩、後輩、先生に話してみる。カウンセラー、専門家と呼ばれる人に頼る。あるいは、飲み屋の…

ひとりの人間のなかには「自分」と「自分自身」のふたつが存在している。自分で自分に「問いかける」ことが難しそうなら、まずはもうひとりの自分の存在を思い出してみることから。

Instagram 自分で自分に「問いかける」には自分のなかに自分自身がいるということが前提になってきますよね。いないのに「問いかける」なんてできないので。だから、自分が自分に「問いかける」ってどういうこと???って、想像がつかない人はもしかしたら…

自分の大切なものを根こそぎ奪われたとき、どうやってそれを取り戻したらいいんだろう?原爆が落ちてから10年後の広島での物語。こうの史代さん『夕凪の街 桜の国』。

自分の大切なものを根こそぎ奪われたとき、人はどうやってそれを取り戻したらいいんだろう?ひとり「閉じる」のではなく、誰かに「開く」ことで見つかるのかもしれない。ボクはこの作品を読んでそう思いました。 こうの史代さん作『夕凪の街 桜の国』。 こう…

Why!?ジャパニーズピーポー!!!人を変えたきゃお前がまず先に変われ!その人自身がその人の意思で変わろうとしなきゃ何の意味もない。24歳で強制参加させられた自己啓発セミナーでのWhy?体験。

厚切りジェイソンというアメリカ人の芸人さんが人気ですね。日本のおかしいところを「Why!?ジャパニーズピーポー!!!」とキレながらネタにしちゃうのがおもしろいです。ボクも「Why!?ジャパニーズピーポー!!!」って叫んでしまうような過去の悲しい思い…

幸せ壊し「見捨てられるくらいなら、見捨ててしまえ」。自分で自分のいびつさを研究して公開する勇気。

人って程度の差はあれ、みんな少しずついびつだと思っていて。だから、自分からそのいびつさを研究して公開する態度って誰であってもすげえカッコいいなとボクは思います。 幸せ壊し「見捨てられるくらいなら、見捨ててしまえ」。 読み進めていた、向谷地生…

美術鑑賞と生き方•働き方に共通すること。ルールや決まりなんてないのに、自分から不自由になってませんか?

ルールや決まりが必要ないところでわざわざ自分でルールをつくっておいて、がんじがらめになっていたとしたら。そういう状態になっていても意外に気づかないままってあるんじゃないかなと思うことがありました。 美術館に絵を見に行ったときに出くわした、驚…

「なぜ?なんで?どうして?」過去味わった理不尽さはその人が一生涯をかけて取り組めるテーマに変換できる。

わざわざブログで発信するほど怒りや悲しみを吐き出すのってものすごいエネルギーの持ち主だと思う。そんなにも強い気持ちがあるのならそれはあなたのなかで生きていくテーマにもなりえる。むしろ、一番生きてて虚しいのはなにも思わない、なんの感情も湧い…

【過去の失敗談】人の好意を素直に受け取れなくなっていたら危険信号。当時の自分を支配していた考え方は「これ以外の方法はない、この選択肢しか考えられない」でした。

人の好意を素直に受け取れなくなっていたら危険信号。もしそういう状態になってしまったら自分の生き方を見つめ直すタイミングなんだと思います。 よくしてもらっていたのに自分から距離をとってしまう。 前にデザイナーを辞めて料理人の道へと進んだ先輩の…

少しでも信頼信用してる人をそっくりそのまま真似してみる。それで違和感があったところにあなたらしさが潜んでいる。

自分には能力がない、スキルがない、性格も育ちもよくない、ないないない。。。そういうふうにほとほと自分に愛想が尽きかけるときって一度や二度はあるかなと思います。でも、そう痛感したときが自分のなかの変わり目。まずは少しでも信頼信用できる人の言…

えっ!?商品のパッケージも断捨離するの?、、、よくよく考えてみると、人としてごく自然の行為なのでは。

断捨離を実践なさっている方のブログを読んでつい最近びっくりしたことが。それは商品のパッケージをはがして捨ててしまって、あえてすっきりシンプルにしていたこと。 パッケージのデザインがうるさい=インプット過剰。 パッケージのデザインが過剰だとい…

今までの自分の常識を変えるときの一番の抵抗勢力。それは過去の自分自身。

今までアウトプットしてこなかった人って出すことがこわいんです。ボク自身もそうでした。(今でもけっこうこわい。。。)何か言ったらまわりから叩かれるから、否定されるから、笑われるから。まわりの目が、まわりの声が、まわりの人たちが。原因は「まわ…

人の気分は気まぐれ風まかせ。自分自身の気まぐれな気分とうまく付き合っていくにはあえて距離を置いてみる。

人の気分は気まぐれ風まかせ。次に何をしでかすか分からない。次の行動が読めないものに対して人は不安を隠せない、常に脅威に感じてしまう。そういう自身の気まぐれな気分とうまく付き合っていくにはあえて距離を置いてみる。 嫌〜な気分が立ちこめてきたら…

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村