読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

兄、妹の結婚式のためにイラストを描くの巻

来月、6月は妹の結婚式なんすー。 ということで、頼まれてウェルカムボード(っていうのかな?)用の イラスト描いたよん 旦那さんは元ラガーマンで、強そうなゴリラみたいな方でやんした 妹よ、こういう人がタイプだったんか??? 韓流タレントみたいなシ…

仙台まち歩きツアー「スリバチ会長と歩く榴ヶ岡・清水沼」

東京スリバチ学会皆川会長と行く、まち歩き!榴岡天満宮→原町商店街→清水沼→陸前原ノ町駅

仙台の古地図が見れる買える!仙台市歴史民俗資料館の「復刻版地図シリーズ」がめちゃくちゃオススメな件

「復刻版地図シリーズ」全7種、明治・大正・昭和当時の貴重な古地図をな、なんと500円で販売中だよん

トキメキがとまらない!ファミコン風ドット絵に挑戦

これまでに作ったドット絵をまとめてみたよん

不安だから「みんながいい」ものにすがってしまう

でもね、ほとんどの場合、そのすがりつく対象って、自分にとってめちゃめちゃ興味ないのよね笑

仙台も載ってるよ〜河岸段丘を刻む谷 仙台市〜「凹凸を楽しむ 東京「スリバチ」地形散歩2」

皆川さんがガイドしてくれるまち歩きツアーもあるよ〜

広瀬川が作り出した高低差のある地形を活かしてデザインされた街、それが仙台。「仙台ふららん」まち歩きツアー

広瀬川が作り出した高低差のある地形を活かしてデザインされた街、それが仙台。 仙台の街と広瀬川は切っても切れない関係なんだな~。 そう思えたのは「仙台ふららん」まち歩きツアーに参加してみたから。 「仙台ふららん」まち歩きツアーに参加してきたよ …

仙台をふらっとまち歩き「仙台ふららん」

つい最近見つけたのが「仙台ふららん」という、仙台をふらっとまち歩きするツアーを紹介するwebサイト。 www.sendai-furaran.com 仙台ふららん ~仙台のまち歩き・仙台をふらっとまち歩き~ 偶然辿り着いたんすけど、よく見てみたら、、、こ、これは!と興味…

TBSドラマ「カルテット」 彼らにムカつくのは、自分も本当はそうしたいから

火曜ドラマ『カルテット』|TBSテレビ 自分の中で常識になっていることを平然と破っている人を見ると、ハラワタが煮えくり返るほどにムカつくことがある。 もう許せなくてイライラして、一日中その相手のことで頭がいっぱいになったり。 落ち着いて、冷静に…

ゴイゴイスーと太秦の役者さん岸大介が病みつき!!西澤と津田のコンビ「ダイアン」

最近ハマってるのが大阪芸人コンビ ダイアン。 ポーカーフェイスな西澤さんと キレ芸の津田。 女癖が悪くて、スタッフから評判が悪いのもウケる(笑) 緩急、動と静、っていう感じで、 このコントラストのある組み合わせが絶妙なんよね〜。 津田の持ちギャグ…

センダイ座「1645 正保2年 奥州仙台城絵図」ブラタモリにも出演した木村浩二さんのお話を聞いてきたよ

センダイ座「1645 正保2年 奥州仙台城絵図 〜初心者だって大丈夫 仙臺最古の絵図は、こんなに愉しめる〜」に参加してきました。 「センダイ座」というのは風の時という編集プロダクションの佐藤正美さんが中心になって開いている誰でも参加できる市民講座の…

【仙台の癒しスポット】オススメ絶景ビューポイント3選

「仙台で眺めのいい場所ってどこ?」 とついこの前、聞かれたときに意外にたくさんあるぞと思ったのでまとめてみたよ。 いい眺めを見る=癒されるスポット。 ってことで、ぼくが癒しスポットとして重要視するポイントは3つ。 ◎静かであること ◎人があんまり…

矛盾しているのは全て良くないこと?

どっちも自分の素直な気持ち

溜め込まずに、流れをよくしておくこと

大事なのは、後悔や不安の中身ではなく、流れていることなのでは? ヤバいのは、自分のいる環境が流れがなく淀んでいることなのでは?

地形好きにはたまらん!仙台市博物館 企画展「戦国の伊達・政宗の城・仙台の町」

現存するうち最も古いとされる仙台城図や幕末期の仙台城下図などなど、地形・地図好きにはもうたまらん!ラインナップなのでございます。

仙台の戦国武将 国分氏と留守氏のお城跡巡り

伊達政宗公が宮城一帯を治める前に仙台を領地にしていたのが、国分氏と留守氏。ふたつの城跡が残っていると聞きつけ、さっそく行ってきました。

OKバブリー❤︎バブルを知らない世代に支持されるバブリー芸人平野ノラについて考えてみた

おったまげ〜の、ぶっとび〜〜 みんな〜〜〜、ナタデココ食べてる〜〜〜?

教科書に載ってない戦国時代の宮城・仙台勢力図~大崎氏、葛西氏、国分氏、留守氏~

宮城の戦国武将って伊達政宗公以外にいるのかな?

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』は恋愛オンチな人にほど刺さる物語

恋だとか愛だとかラブだとか。いまいちピンとこない人へ。

ネガティブな刺激でもいいからくれよ

人を困らせてでもいいから、関わりたい。相手に迷惑をかけてでも、人との刺激が欲しい。

小学校の版画の授業と彫刻刀セットの思い出

めっちゃ顔バキバキwww笛ひんまがりwww

お笑い芸人かまいたちの漫才が教えてくれた、人をバカにする人間の心理

あの、ほんまね、自分で言うのもなんですけど、ぼくほんまクソ野郎やなあって思ってまして。ほんまにクソ野郎やなあって。え?クソ野郎ちゃう?でも最近な、人のことをバカにしてるときが一番楽しいんです。生きてるなあ~って思うんです。

寒いときに自販機におしるこが売ってるとマジ嬉しい件

液状になった餡の汁と小豆の粒。このコンビネーションにぼくの喉は、胃は、身体は嬉しい悲鳴を上げる。

ねえ「牛」飼ってる?〜ブッダとお百姓さんのおはなし

つい先日、なんでも、ブッダの有名なエピソードだっつーはなしを聞いたッス。

よい仕事は「スケジュールを引く」ことから

素晴らしい仕事っていうのは、スケジュールが引いてある。 クソみたいな仕事はスケジュールという概念がない。

映画『舟を編む』を観て感じた人の心の機微 怒りが混じり合ったうれしさ

喜怒哀楽の「喜」と「怒」。混じり合うことなんて、ないものかと思っていた。

『江戸時代の仙台を歩くー仙台地図さんぽ』で仙台の地形を知る

300年前の仙台にタイムトリップ!

このイラストレーターがすごい!絶妙なヌケ感がたまらない ニシワキタダシ

イラストレーター、ニシワキタダシさんが好き

『君の名は。』この物語にぼくらが強く惹かれる理由 記憶を忘れる悲しさと思い出す喜び

人は自分にとって大切なこと・大事なことも忘れてしまう。

宮城県亘理町の郷土料理「はらこ飯」を食べると、秋を感じる

はらこ飯の醍醐味は、鮭の切り身、イクラ、醤油出汁の炊き込みご飯、この三者が渾然一体となるところにあり!

50年前、仙台の街を走っていた幻の路線「仙台鉄道」

小鉄道=軽便鉄道から「軽便っこ」と呼ばれ、利用する人たちから親しまれていた。

新海誠監督最新作『君の名は。』が思ってたよりも楽しめなかった理由を書き出してみる

新海誠監督の作品はどれも好きなんだけれど、、、

歴史好きがオススメしない作品 NHK大河ドラマ『天地人』

上杉謙信の精神を受け継いだ直江兼続が主人公。テーマは「義」のはずだったのに、、、

東京都心と仙台を重ね合わせてみた

東京も意外と広いけど、そう考えると、仙台もけっこうでけえ。

近しい関係ほど幻想や理想を持ち込みすぎてしまう?

親、兄弟、家族、恋人、夫婦。近しい関係にあるつながりって、ハートフルであたたかな理想が語られがちじゃない?

客が買い過ぎることで成り立っているお店

店内に流れていたBGMを聞いて、ふと考えた。

文章の読み書きができるのは当たり前なことなんだろうか?

電話や会うことにこだわる人の謎

喜怒哀楽どれもあるのが人間なんじゃないかな?

怒りにフタをして、なかったことにしてきた自分自身に腹が立っているんだよなあ。

メッシになれなかった選手たちのその後の物語『カンプノウの灯火 メッシになれなかった少年たち』

かつてバルセロナの下部組織にメッシを超える逸材がいた。

自分の本音が分からなくなっているあなたへ。映画『心が叫びたがってるんだ。』

けれど、やっぱり言いたい伝えたい。言葉にしたい。

タイヤがめっちゃ斜めになってる車

斜めすぎぃ〜

自分の見てる範囲がこの世の全てとは限らない〜みんなの街にヨークベニマルがないだとぉ!?編

宮城県内No.1の店舗数を誇るスーパーマーケット「ヨークベニマル」について

NHK教育テレビ『ワンツー・どん』のどんくんが若干イラっとするけど憎めない

子供の頃に好きだったテレビ番組、それがNHK教育の『ワンツー・どん』

三十路を過ぎて、味覚がおっさんになってきた件

味覚って変わるもんですね〜

恋人や夫婦の間こそ、発信が大切なんじゃないかな?

発信って、つまりは、あなたと応答したいんですよーってことだと思う

好かれたいと思っているのに、嫌いになっていく

※ただの日記です。

ブログを書く目的、間違ってたYO!

ものすごく、うっかりしてたYO!

夏の夜に初めて大人のDVDを買ったときの思ひ出

あぁ、夏の日の思ひ出。

硬くても愛される井村屋のあずきバー~日常にある優れたデザイン~

アイスなのに硬いって、唯一無二すぎる個性ww

33歳の大人が図書館の児童書コーナーに立ち寄って気づかされたこと

なんでわざわざ離れたところにあるんだよ!ってブーたれてた。。。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村