読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらやまだ

日々のなかに遊び心を。仙台/歴史・地形/イラストとか。

ネガティブな刺激でもいいからくれよ

人を困らせてでもいいから、関わりたい。
相手に迷惑をかけてでも、人との刺激が欲しい。
 
なーんていうことが人間にはあるんだっつーことを本で読んだ。
 
人は適度な対人刺激がなくてはならない生き物で、だから、それがすげーネガティブなものでも欲してしまうらしい。
とにかく無視されて刺激をもらえないのが人間にとって1番の恐怖なんだとかで、だもんで、あえて困らせたり、わざわざ迷惑をかけたりすることで、どうにか刺激を生み出そうとするみたい。
どひゃ〜、なんつーつくりになってるんでしょうね人間ってやつぁ〜。
欲しがり屋さんだね〜、もぉ。
 
と言いつつも思ったのは「自分に注意を向けてもらいたい、かまってもらいたい」こういう性質って誰でもあるよなって。もちろん自分にも。
おそらく、この性質がポジティブにあらわれる人は人気者で、ネガティブに表現しちゃう人は嫌われ者・厄介者扱いを受けちゃうんだろうな。
 
思い返してみると、前に働いていた会社で、毎日のようにすんげえミスを繰り返して怒鳴られている人っていたなあと。
ど、どうして、こうも毎度毎度?って不思議だったけれど、あの人は怒鳴られることで刺激をもらっていられたのかもしれない。
あるいは、これまでネガティブな対人刺激しか知らず、ポジティブな対人刺激を経験したことがなかったのか。。。
 
 
自分自身の言動も知らず知らずに対人刺激を求めている現れなのかもなー。
 
〜END〜

小学校の版画の授業と彫刻刀セットの思い出

小学生が版画で彫りそうなタッチを表現するクラブ。

それがロバートの「小学生版画クラブ」。

めっちゃ顔バキバキwww

笛ひんまがりwww

 

www.youtube.com

 

こういう版画、確かに小学生のときに作ってたわー。

運動会で綱引きしてるところとか、さつまいも掘りしてるところとか。

いずれも顔がすげえ形相になってたり、人より芋の方がデカかったりして、でも、そういう異様なダイナミックさが褒められたりするんだよね。

実際、なんか街のコンクールで賞をもらった気がするー。

 

で、小学校の版画といえば、彫刻刀セット。

オシャレを気取って逆にダサい彫刻刀セットですな。

ぼくの時代でさえも、持ち手が木じゃなく、ラバー製のスタイリッシュを身にまとった彫刻刀が流行ってたなあ。

今考えると普通に木のやつでいいだろうって思うんだけどね。

この21世紀の今も彫刻刀セットは健在なのかな?と調べてみると、心配もなんのその、あるではありませんか。それも一層パワーアップして。

 

彫刻刀セット ドラゴン。

f:id:kunipi:20161109235200p:plain

f:id:kunipi:20161109235425p:plain

【楽天市場】【送料無料】【あす楽】彫刻刀セット ドラゴン 小学生・小学校用 サクラグリップ彫刻刀S(5本組) 男の子に人気♪ 安全ガード(安全カバー)付 ケース入り かっこいいデザインの彫刻刀 (右利き・左利き)【HLS_DU】【RCP】05P05Nov16:学校教材クラフト品のトーヨー教材

 

なんと、万が一の時にケガをしにくい安全カバー付きだそうで。

手元のレバーをスライドさせると出し入れが自由自在。

、、、すげえ。でも、これ以上の進化したら、もはや彫刻刀なのかなんなのかよくわかんないや。

 

女の子にはこちら。

f:id:kunipi:20161109235916p:plain

なんで不思議の国のアリスなのかは謎ですが。。。

 

 

なんだかんだいっても、やっぱドラゴンはカッケエエな。

 

〜END〜

お笑い芸人かまいたちの漫才が教えてくれた、人をバカにする人間の心理

どうも~、かまいたちで~す!よろしくお願いします~!
あの、ほんまね、自分で言うのもなんですけど、ぼくほんまクソ野郎やなあって思ってまして。ほんまにクソ野郎やなあって。
え?クソ野郎ちゃう?
でも最近な、人のことをバカにしてるときが一番楽しいんです。
生きてるなあ~って思うんです。
 
最近で言うと、福山雅治さんが結婚発表した次の日に会社を休む女性っていたんですけど、あいつらむっちゃバカやなあって。
 
って流れで始まる、お笑い芸人かまいたちの漫才。
めっちゃウケたww
 
この漫才は「人をバカにする」ことがネタになっているけれど、バカにしているボケ側もバカだね~っていう二重構造になってる。
福山雅治の結婚発表で会社休む人ってバカね。
それをわざわざ見つけてきてバカにしている側もバカね。って感じで。
バカの二重構造で、まさにバカバカしいとはこのことですな。
 
 
これ見てもきっと「はあ?つまんなーい」って思う人もいるはずで、でもぼくは思わずワハハと笑ってしまった。
ってことは、ぼく自身も人をバカにしてるときが楽しい人間ってことなんだよな。
で、もっと言えば、人のことを心の底ではバカにしてるのに、それを隠しているタイプのむっつりクソ野郎だwww
 
んで、さらに思った。
わたし人のことをバカにしているときが一番楽しいクソヤロウなんですっていう人のネタを見て、うぷぷと笑っている自分。
誰かをバカにしている人。そして、それを見て笑っている自分。
ふと、その笑っている自分というのは、人をバカにしていることをどこかで隠している自分自身を笑っている自分なんじゃないかと思えてきた。
 
自分で自分を笑っている。
 
だから、こんなにも何度もうぷぷって笑えるんじゃないのかなー。
そんなことを見る人に突きつける内容だなあと思ったんだよー。
 
~END~

寒いときに自販機におしるこが売ってるとマジ嬉しい件

f:id:kunipi:20161104170725j:plain

11月の東北はすでに冬だああ。
寒さにまだまだ慣れてないからガクブル感がパないッス。
身体が冷える、そんなとき。これがあるとテンションが上がる。
それが、おしるこ。
 
ふと温かいものでもと、自販機で飲み物を買おうとしたときにおしるこが売ってるとマジ嬉しい。嬉しすぎる。
なかなか売ってる自販機が少ないし、てか、そもそも自販機で飲み物を買うこと自体そんなにないんだよ。
そんななかで、たまたまこのおしるこ様に巡りあったときの嬉しさったら。わっほーい
 
ガラガラガシャーンと降りてきたおしるこ様を手に取り、熱々の缶の温度を感じながら、フタを開ける。
すると、甘い甘い香りが漂って、その場にたちまち至福の時が訪れる。
液状になった餡の汁と小豆の粒。
このコンビネーションにぼくの喉は、胃は、身体は嬉しい悲鳴を上げる。あぁ、しみわたる。
あずきよ、あんこよ、甘みよ、香りよ。偉大なり。
たった120円でこれほどのインパクトって、なかなかないなあ。
 
 
 
さて、この缶入りおしるこですが、飲む際に小豆が残ってしまってお困りのそこのあなたに朗報です。
飲み口のすぐ下をボコッと凹ませて飲むと小豆が残らずにスルスルと出てくるようですよ。
思いのほか凹ませるぐらいがいいみたい。
この解説動画もおもしろい。
これ粒入りのコーンスープにも使えるっすね。
 
以上!
 

ねえ「牛」飼ってる?〜ブッダとお百姓さんのおはなし

つい先日、なんでも、ブッダの有名なエピソードだっつーはなしを聞いたッス。

ブッダなんて手塚治虫のマンガを少しかじった程度で、よく知らなかったんだけれど、そのはなしが奥が深かったので、山田の超訳でご紹介。

 

 

あるところに、ボンビーなお百姓さんがいました。

全財産は3頭の牛と、2ヘクタールのごま畑。

それが、彼の幸せを支えておりました。

 

が、しかし!

ある年、ごま畑は害虫にメチャメチャに破壊されちまい、牛たちも逃げ出す事態が発生!!

お百姓さんはてーへんだー!つって、牛を探し求めている最中、森の中で弟子たちと静かに坐っているブッダに出会いました。

「おらの牛さ見かけなかったべか?」ブッダは見かけなかったと答えました。

するとお百姓さんは「ああ、おらの人生はもう終わりだっぺよー。おらにはなんも残ってねえもんでよお。だもんで、命を絶つしかねえっぺよ」と嘆きだしました。

哀れに思ったブッダは反対方向を指差し

「牛はあっちへ行ったと思いますよ」とお百姓さんを元気づけました。

 

去るお百姓さんの姿を見送り、弟子たちに語りました。

「失くす牛を持っていない私たちは、とてもラッキーです。牛を持っているから、苦しみは生じるのです」

~END~

 

 

いろんな解釈ができると思うけど、ぼくはこう思ったど。

 この「牛」って、生き物の牛にとどまらず、自分の中の価値観とか思想にも当てはまるよね。自分にとってなくてはならないものとして「牛=価値観、思想」を持つ。持つことでそれが自分の支えやよりどころになるんだと思う。けれど、持つってことは同時に失くす可能性もはらんでいるわけで。もしなにかのきっかけで失くす事態が起きてしまうと、お百姓さんのように「おらの人生もう終わりだっぺよー」と絶望してしまうことにもなるんだろうな。

 

で、このはなしを聞いて、ぼく自身の中にも自分でも知らないうちに飼い始めた「牛」がいるなあと思った。でも、それがどんな牛なのかハッキリと自覚してなくて。。。自分はどんな牛を飼っているんだろう。ちょっと観察してみよう。モー

 

以上!

よい仕事は「スケジュールを引く」ことから

素晴らしい仕事っていうのは、スケジュールを引いておく。
クソみたいな仕事はスケジュールという概念すらない。
 
 
つい最近、ある仕事に関わった際に事前にスケジュール表を受け取った。それが、とても丁寧な仕事がされていた。
 
締切りがいつまでで、それまでになにが必要で何日かかるか、一目みて分かるように記載されているはもちろんのこと。
自分以外に関わる担当者も明記されていて、それぞれの連絡先も一覧できた。この仕事にどれだけの人が参加し、成り立っているのか。それが見えたんですよね。
 
それぞれに別の分野・担当で、違う会社・組織ではあるけれど、ひとつの仕事に一緒に関わるという意味では同じチーム。自分の仕事の領域の前後にも関わっている人がいて、それがより見えたことでほどよい緊張感と責任感が湧いた。
 
そういうスケジュールが引いてある仕事=丁寧な仕事を前にすると、いつも以上にやってやろう!と思う。
 
 
反対に、締切りも決まってなくて、担当者も曖昧で、誰が関わっているのかも不明瞭。予定、進行管理、スケジュールという概念がすっぽりない。
そういう仕事はたいてい雑でクオリティも低く、なんのために作っているのか誰も分かっていないことが多々ある。あるいは「偉い人」の自己満足、自己保身のためにあるような仕組みになっていたり。関わると消耗、疲弊の連続だ。
 
スケジュールなんて当たり前のことだろ?と思う人もいるかもしれないけれど、その当たり前のことができない、あるいは概念すらないというケースが意外に多かったりするんですよね。。。
 
思うに、少しでもよりよく仕事をしたいと願う人はその願いを果たすためのひとつの手段としてスケジュールを引き、関わる人間に周知してもらうように行動する。その跡が引かれたスケジュール表からちゃんと見て取れる。
 
そういう意味では、スケジュール・進行管理の概念がない仕事って、グチャグチャ雑なしょーもない成果物が生まれるべくして生まれてるってことなのかな。必然というわけですなー。
 
 
スケジュール表って、たった1枚の紙切れ。1ページのPDF。
けれど、そういう部分に人の思いは確実に反映されていて、受け取る人間に影響を与えているんだなと思った。
 
以上!

映画『舟を編む』を観て感じた人の心の機微 怒りが混じり合ったうれしさ

喜怒哀楽の「喜」と「怒」。一見すると相半する感情。プラスとマイナス。水と油。混じり合うことなんて、ないものかと思っていた。でも、人ってそこをぽーんと飛び越えて「喜」と「怒」を同時に表現する生き物でもあるんだなあと。

 

 

三浦しをん原作『舟を編む』という映画を観ました。

舟を編む

舟を編む

 

そのなかのワンシーン。主人公、馬締光也(松田龍平)がひそかに想いを寄せるヒロイン(宮崎あおい)に思い切ってラブレターを渡す場面。

 

主人公は自分の想いの丈を精一杯綴るんだけれど、極度なコミュ障なせいか、時代劇に出てくるような筆書きのお便りをしたためてしまう。

渡されても、は?なにこれ?いつの時代???って感じで(笑)

 

案の定渡されたヒロインは困ってしまい、でも、なんとか読みたいと考えて職場の上司にその手紙の内容を解読してもらうようにお願いする。(←健気ですな)中身はラブレターなのに(笑)!!!

で、上司に読んでもらったら、それが真面目な恋文だときたもんだから、さあ大変!どんだけ赤っ恥をかいたことでしょう!

 

その後、返事を待っていた主人公のもとへ向かい、事の顛末を一気呵成に畳み掛ける。こんなの渡されても読めねーし!!上司に読んでもらったらラブレターだっつーしよ!!こういうのって自分以外の誰かに読まれたら恥ずいじゃん、ヘタこいたー!!(意訳)。静かにブチギレ(笑)

 

でも、ブチギレながらも、実はヒロインは前々から主人公の変わったところに好意があって、だから、これが恋文ってどうかしてるぜ~と怒りながらも、同時に自分宛てのラブレターでもそれが如何なく発揮されていたことに対して、うれしさもにじんでいたんですよね。

 

結果、ふたりはお付き合いし始め、夫婦になっていく様子が物語では描かれていました。

 

 

このシーンを観て、喜怒哀楽の「喜」と「怒」って一緒に表現されることもあるんだなあと。きっと自分やまわりの人たちもひとつに限らない混じりあった感情を表していることってあるんだろうけれど、なかなか気づかないもので。

一見すると相半する感情で、混じり合うことなんて、ないものかと思っていた。けれど、人って「喜」と「怒」を同時に表現する生き物でもあるんだなあと、なんだかそこがおもしろくて、おかしかった。

 

以上!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村